横浜心理ケアセンターブログ Mon esprit (my feeling)横浜心理ケアセンターブログ Mon esprit (my feeling)

想いとことば

いろいろな人のお話を聴いていると
思うことがあります。
「今、この人が話していることばと、
 本当に想っていることはズレている」
ということです。

それは決して嘘をついているわけではなく、
ごまかしているわけでもなく、
ただ自分でもわかっていないことが
多いように思います。
ことばで自分の想いや考えや体験したことを
正確に描き出すということは
実はとても難しいことです。

簡単な例をあげると、
「大丈夫?」と聞かれると、
全然大丈夫ではないのに
つい「大丈夫!」と答えてしまう人、
多いのではないでしょうか。

そんなに複雑な気持ちではなく、
ポジティブな気持ちのときには
比較的描き出しやすいとは思います。
嬉しい、楽しい、おいしい、などです。
けれど、悲しみ、苦しみ、怒り、不安、
などのネガティブな気持ちになると
途端に描き出すことが難しくなります。

誰かに傷つけられた時、
例えば恋人が浮気をした時などに
恋人に怒りをぶつけてしまう人も
多いのではないでしょうか。
けれど、本当に心が体験したのは、
怒りではなく、
傷つきではないでしょうか。
信頼していた大事な人に裏切られ、
自分の存在を軽んじられたように感じ、
大きなショックを受け、
心が傷つき、悲しんでいるのに、
そんな体験をさせられたことに
怒りが沸いてきて、
相手に怒りをぶつける・・・
そんなことが起きているのではと
想像します。
けれど、そこまで自分の心の状態を
的確に感じ取ることは
なかなかできません。
なので、最終的に出てきた怒りだけが
表に出てくるのかもしれません。

しかしこの怒りをぶつけた時、
浮気をした恋人は
「怒られた」としか思わず、
傷つけてしまったことへの罪悪感を
抱くことはあまりないようです。
ここで「こんなに怒るほど傷つけてしまったのか」と
察する人はほとんどいないと言ってよいでしょう。
怒られた居心地の悪さから
逆ギレをする人もいるでしょう。

けれどもし、
素直に
「浮気をされて、とても悲しかった」
と心の状態を伝えると、
「傷つけるようなことをしてしまった」と
わかるのかもしれません。
もちろん誰にでも伝わるわけではありませんが、
怒りをぶつけるよりも伝わりやすいと思います。

このように、心で体験していることが
本当は何なのか、
それを知ることはとても大切なことです。
しかしこれは1人ではなかなか難しいのです。
傷ついている時に、
傷ついている心に向かい合うことは
とても勇気のいることですし、
怖いことだと思います。
それは誰しもが、そうです。
だからこそ、カウンセラーがいるのです。
あなたの叫びだけでなく、
あなたの心の叫びを聴き、
本当の心と向き合い、
素直になり、
どうしていくのが良いのかを
一緒に探っていくのです。

どうか、自分の心と素直に向き合う
一歩の勇気を出してみてください。

文:スタッフsachi
代表:椎名 あつ子

2017.10.03

ブログトップに戻る

最近の投稿

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

リンク