2006年09月アーカイブ

2006年09月29日

父と私

その日は、とてもいい一日でした。
こんなにもゆっくりと親子だけで食事をしたのは
久しぶりでした。

父と母とは、よく二人で出かけますが、
私は仕事があるため、なかなかゆっくりと
食事をする時間がとれずにいました。

どこにでもある普通の親子に周りからは映っていたと思いますが、
この日は私にとって特別な日でした。
父が、その日は一通の手紙を持ってきていました。

父はこの手紙を、ある人のお嬢さんに
来年の高校卒業の時期に向けて書いたものらしく、
私に見せてくれました。

その文章はまさに父そのものでした。
昔から仕事人間で厳しく、そしてまじめすぎるところが
私には苦手な父だったのですが、
まさにそれは父の言葉でした。

「今までに、幸運であったこと、不運であったこと、
 色々なことを経験してきました。
 今になって後悔することも沢山あります。
 あなたが今後生きていくために、
 この人生経験を参考にしてもらいたいことがたくさんあります。
 

 今回はひとつだけ話します。

 『後悔先に立たず』ということわざがあります。
 私が子供の頃、このことを親や先生から
 何回も聞かされ、教育されて育ったのでした。

 その頃は後になっても後悔しないよう、
 常に失敗がないように注意して行動しなさい、
 という意味だと思っていました。
 そして、私は気がつくと、
 何かするときいつも失敗を恐れて
 前に進むことができない人間になったように思います。
 

 これはこれで間違ったことではありませんが、
 あまりこのことを気にしすぎると、
 人間の前進の妨げになると今になって思っております。
 人間が大きくなるには、
 あまり失敗を気にしないことが大事だと考えるようになりました。
 

 ただ、常に後を振り返って、反省を怠らないことを
 忘れないで下さい。
 一ヶ月経ったら、過ぎ去った一ヶ月のこと、
 一年経ったら過去一年間のこと、
 つまり人生の区切りで、
 今までの自分の歩んだ道について良く考えられる人間になってください
 ・・・・・・
 ・・・・・・」

このような内容の手紙を見せてから、
父は私にひとこと言いました。

「これは、あなたに伝えたかったことかもしれない。」と。

私はじーんとあつくなる思いが
顔に出ることが少し恥ずかしくなり、
思い切って話しはじめました。

「昔、私が子供だった頃、パパは、
 何でもできないことはないんだ、
 できないのはオマエの努力が足りないんだ、
 と言い続けたよね。
 私は、だから何かできないことがあると、
 自分を責めて努力が足りないんだ、
 ダメなんだ、と思ってしまっていたの。

 でも、今になってその意味がよく分かるようになったよ。
 努力してもすぐ結果がでなくて、
 だめな時期はあるけれど、
 努力をし続ければ必ずいつかそれなりの結果は
 出るということ。

 時間はかかるかもしれないけれど、
 あきらめてはいけないと思えるようになったよ。
 でも、あの頃は分からなくて反発してたね。」と。

父は黙ってうなずいていました。

しばらくしてから、
「おまえがそうやって今になって分かってくれたことは
 パパは伝え方が足りなかったけれど、
 あの頃、いい続けてよかったと思えるよ」
と、話してくれました。

私と父の大きな考え方の溝は、
20年以上経って、やっと
分かりあえたのでした。

私は帰りの電車の中、
ずっと父と2人で、たわいのない話をしていました。

彼の生きてきた時代、
戦争体験者でもあり、
高度経済成長の時代と共に
仕事に命をかけた一人の人生を考えた時、
私は、父を誇りに思えたのでした。

私は心から、父の娘でよかったと思えたのでした。

しかし、こうなるのに、
長い長い時間がかかったことも本当でした。

今日は本当にすてきな日でした。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:08 

2006年09月27日

トゥーランドット姫

オペラを観に行きました。
子供の頃に連れて行ってもらって以来で、
大人になってからは、初めてでした。

マリアカラスのオペラは好きで、
車の中ではよく聴いていましたが、
やはり行って観るのは、
あたり前ですが、優雅な気分に浸れます。
オーケストラの雄大な響きや、
夢のある舞台装置、
そして、来ている人たちの
オシャレな服装などを見ているだけで、
久しぶりにすてきな緊張感でした。

今回は、フィレンツェ歌劇の
「トゥーランドット」を、
NHKホールで観たのですが、
実はトゥーランドット姫役のオペラ歌手の
アレッサンドラ・マークさんが、突然の病気のため、
車椅子で舞台に出てきました。

この舞台を、この日に、
こういった形で行なうまでの、
関係者の人たちの苦労、
そして、車椅子のままで主役を演じている
アレッサンドラ・マークさんの勇気、信念、
そして高い金額を払って期待して来ている
お客様たちからのプレッシャーが、
どんなものかを想像すると、
計り知れない思いがあったのだと思います。

彼女は、氷のように冷酷な
トゥーランドット姫の心が溶けていく様子を、
堂々と歌い上げていました。
車椅子のままで、あれ程の美しい声が
響きわたるということは、
本当に奇跡のようなことであり、
私は、オペラの内容に感動するまでもなく、
この歌手の生き方に、心を打たれ、
あふれ出す涙が止まりませんでした。

立つことのできない状態で、
両手を大きく広げ、上半身全体で表現しきった
彼女の激しいオペラへの情熱は、
まさに、
「愛の勝利を歌い上げることが
 オペラの核心であり、
 目的である」
とプッチーニが言っているとおりのことでした。

彼女は、愛を表現しつつ、
自分の勝利を歌い上げているかのようでした。

私はこの日、胸の高ぶりを静めることができずに、
帰ってから、赤ワイン1本を飲み干しました。

真実の愛のために、
そしてアレッサンドラ・マークさんの
勇気をたたえながら。

投稿者 椎名 あつ子 : 11:32 

2006年09月25日

神社

東京に行く予定ができたので、
久しぶりに車を走らせました。
思ったよりも早くその場所に着いてしまい、
考え抜いた結果…

行くことにしました。
靖国神社へ。

問題になっているこの場所に、
私は生まれてはじめて行きました。
靖国神社についての本は
何冊か読んでいるのに、
そこに行くのは初めてでした。

そこは、まっすぐ1本の道があり、
正面に神殿があり、
重々しくも、ひそやかに,
ほんのりとした光にまとわれていました。
もっと大きな神社を想像していたのですが、
思ったより、それはひっそりと
たたずんでいました。

これが正に、靖国神社だったのです。

神社の側には、特攻隊の碑が、
それもまたひっそりとたたずんでおり、
若者の最期の、母親や若い妻宛の手紙からは、
計り知れない深い深い思いと、
凛とした男であるべき当時のその人の姿が
浮かんできました。

問題の博物館には、
時間がなくて入れませんでしたが、
私の中では十分なほどの何かが、
ずっしりと残りました。

私は、靖国神社に行って、
よかったと思っています。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:59 

2006年09月22日

自分へのカウンセリング

カウンセリング中に流す心地よい静かなBGMを聴きながら、
私の大好きなワインを飲んでいます。
仕事が終わってからは、ミュージックは変えるようにしているのですが、
今日は変えることを忘れたため、流れています。

私はカウンセリングをしている自分が
もしかして一番私らしいのかもしれないと考えていました。
あのカウンセリングルームという空間での自分は
一番落ち着き、安心できる事に気付きました。

でも、その私をクライアント以外は
家族も友達も大切な人たちも誰も知らないのです。

私はクライアントと向き合っている時が
一番優しい自分なのかもしれないのです。
正直、私は何よりも仕事が好きなのかもしれません。

海と共に過ごす時間よりも、
友人と食事をする時間よりも
車を走らせている時よりも、
一番幸せな時なのかもしれないと、
ふと、思い、あらためて自分の生き方を教えられたようです。

別に仕事人間というわけでもなく、
仕事中の私が一番好きなのかもな、と
なんとなく思ったのです。

私は、そんな事を自然に思えたこの瞬間、
とても自分が愛おしくなりました。

今夜は自分で自分を心から抱きしめてあげようと思います。
久しぶりにゆったりと寝ます。
2:15amでした。

投稿者 椎名 あつ子 : 11:52 

2006年09月20日

ある人たち

ある人の紹介で、
ある人に出会うことができました。

その出会ったある人とは、
大切な仕事の話ができました。

その出会ったある人は、
また、ある人を紹介してくれました。

そのまたある人とは、
もっと深い仕事の話ができました。

人から人へのつながりの
重さを感じた日でした。

私は、たくさんのある人のつながりの
小さな一人なのに、
最後には大きな形となり、
最初のある人に心から感謝しました。

その、最初のある人から、
今日、最後に会ったある人までの
人の数を数えるとき、
これが信頼関係であると
教えられたのでした。

投稿者 椎名 あつ子 : 18:35 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2006年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

オススメ