2006年12月アーカイブ

2006年12月29日

今年もありがとうございました

6月の私のお誕生日から
ブログ1年生を始めて、半年以上が過ぎ、
今年はこれが最後のエッセイとなります。

カウンセラーである前に、
ひとりの女性である私が、
自分と本当に向き合っていく必要性を感じて、
決断して始めたブログでした。

今年1年間、いろいろなことがありました。
仕事ではまず、新しいスタッフ入社、
産婦人科、小児科との提携、
2回にわたる講演会、
雑誌インタビューの掲載、
新しい事務所「ハートセラピー横浜」オープン、
横浜を開く会で中田市長とお話ができた!

あっという間の月日の中にも、
感動のシーンがいくつもありました。

プライベートでは…
この1年間は、正直いろいろな問題が、
これでもかという程押し寄せてきていて、
辛く、葛藤の中、
悩むことが多かった気がします。

たくさんの傷も、心の中に残りました。
すべてのことをコントロールして、
カウンセラーとして生きることの難しさも、
7年間の中で、初めてずしりと
考えさせられた年でした。

高いハードルを、
飛ばなくてはならない必要性に迫られ、
やっとの思いで飛び越えてきた
気がしています。
本当に、やっとの思いで。

その間、何度も何度も支えられたのは、
本当の意味で、
クライアントの真実の姿でした。
必死に、暗闇の深い穴から
はい上がろうとしている姿でした。
私はあなたたちに何度も癒されました。

また、このブログを
読み続けてくださった方々からの
あたたかい言葉、
それと、そんな私を見守り続けてくれた
スタッフ、友達、両親、
心から本当にありがとうございました。

来年は いのしし です。
まっしぐらに進んでみます。

またみなさんにお会いしたいと思います。
ここ「マイ・ウェイ」のページで。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:35 

2006年12月27日

今年の成果

久しぶりに一日中、雨でした。
アスファルトに響く
静かな雨の音を聞きながら、
「今年もあと残りわずか」
と独り言。
カレンダーを見ながら
残りの日数を見ていても、
今年が終わるという実感がまったく持てず、
妙な気分の高まりの中、
年末調整のため税理士さんが来たりして、
なおさら現実に戻されたり。

私、カウンセラーは、
今日は個人経営者としての心得を聞いたり、
叱咤激励されたりして、
何故か頭をペコペコ下げたりしていました。

お金って大切だけど、
お金の話って、気分が落ちるなー。

今年1年の努力の成果は
きちんとデータ化され、
私は働かされている
ロボットになった気分でした。

データ化されていない部分も
認めて欲しいなと思っていたら、
優しい税理士のN先生は、
微笑みながら、
「目標を持ちましょうね」
とおっしゃいました。

その言葉を
「がんばりましたね」
と勝手に心の中で
都合のいいように取り直して、
私も微笑み返しました。

こういう性格だから、
カウンセラーでいられるのだと
開き直った日でした。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:51 

2006年12月25日

クリスマス

昨日のイブは、
ほんの少し切ない日だった。

前の日の夜、母から久しぶりに
メールがきていた。
母は、生まれて1週間で亡くした
私の弟のお墓参りに行った報告と、
弟が私のことを天国から
心配している夢をみたことを伝えてきた。
そして、
 みんなに支えられて生きていることを
 忘れないでね
という言葉が最後に付け加えられていた。

弟の命日は、23日だった。
長い間、あまり、
会話の中に出てこなかったし、
私もこのことについては、
あまり触れないで生きてきた。

そんなメールを見て、
何故か涙が止まらなくなり。
静かに嗚咽した。

母の深い私への想いを感じたことと、
ためてきたあらゆるすべての感情が、
一気にあふれ出してしまった。

イブの朝は、力が抜けてしまい、
三浦の家のリビングのブランコに
揺られていた。
クリスマスソングが、ラジオから、
飽きるほど流れていた。

1週間しか生きられてなかった私の弟と、
その後の母の人生とを思うとき、
今年のクリスマスイブは静かな1日となった。

でも今日は、本当のクリスマス。
私は夜、ローストチキンを
作ろうと思っている。

私の弟と母のことを想って

投稿者 椎名 あつ子 : 15:59 

2006年12月22日

真剣に

人に真剣に嘘をつかれていたことに
真剣に気付き、
そして、真剣に真剣に傷付いたとき、
真剣に優しくなっている
自分を知った。

私は、いつの間にか、
自分の心を防御するやり方を
学んでいた。

もうこれ以上、
私は壊れたくないから。

もうすぐクリスマス。
サンタクロースは私に、
自分を守る生き方を
プレゼントしてくれた。

Happy Merry Christmas!!

投稿者 椎名 あつ子 : 15:34 

2006年12月20日

なんとなく日曜日

クリスマスイブの1週間前の日曜日。

その週は、
夜中までの友人のバースディパーティー、
忘年会なども加わり、
体が弱っていたのか、
どっと疲れが出たみたい。

お昼過ぎのブランチの後、
ゆっくりバスタブにつかるはずが、
再びベッド。

目が覚めた時は、夕暮れの光が、
カーテン越しにゆらゆらとキラめいて、
ベランダのやしの木の影が
寝室の壁に反射して見えた。

私は、動かない体をベッドに沈めたまま、
光の行方をずっと見ていた。

今年もあと少し。

でも、その前に、あともう少しで、
大切な女性(ヒト)との別れがあるんだ。
来週は、その女性との
farewell partyをする。

そして、本当の年末が来る。

来年はまた、新たな出会いが
あるのかもしれない。
夕暮れの光が、
朝日へと変わるように。

気付いたら、クライアントからの
FAXが入っていた。
悲痛な叫びが伝わってきた。
彼女にも、来年は、
朝日のような光が訪れますように…

眠りすぎた後の、
シークァーサー100%の果汁の
おいしいこと。
私の体全身の血液は、
オレンジ色になったように思えた。

私のその日の日曜日は、
そんな感じで、何となく過ぎていく。

でも、やはり夜は、
小さなライブハウスバーで、
曲に合わせて英語の歌詞を口ずさむ私がいた。

クリスマスイブ1週間前の日曜日。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:40 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2006年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

オススメ