2007年05月アーカイブ

2007年05月30日

年輪

私の誕生日が、またやってくる。
毎年、その日は、ここ数年間は、
自分の誕生日会を自分の家で行うことが
恒例となっている。
数十名の、日々お世話になっている人たちに
感謝の気持ちを込めて、
手料理を作り、もてなす。

おいしいと言って、
たくさん食べてくれる仲間を見ながら、
「今年もありがとう」
と心から感謝する日。

いつもはなかなか会えないでいる人も、
この日は覚えていてくれて、
必ず参加してくれている。

こうした距離感を保ちながらの関係を
大切にしていきたいと思う。

今年もまた、
新しい仲間が増えた。
この人もまた、他の人との
出会いのきかっけとなり、
私の誕生日が、その人その人の
生き方を知ることのできる
貴重な日と思っている。

年をとることは、少し悲しいけれど、
年を重ねることが年輪のように
大きくなることでありたいと、
今年も思っている。

投稿者 椎名 あつ子 : 16:02 

2007年05月28日

ピンク

入院が決まり、
ここでのカウンセリングが
当分は休みという日、
その子は、とても機嫌が悪く、
すべてに対して反抗的で、
すべてに絶望していて、
私からだまって背を向けたまま
去っていった。

私が彼女に、最後に発した
精一杯のことばは、
知らぬ間に、
外の空気へと消えていた。

あれから1ヶ月以上が過ぎ、
彼女は近々、退院するという。

「笑っちゃうくらい、
失礼しちゃいました。
また、カウンセリングに行きまーす」

彼女からの連絡があってから、
彼女の好きだった
ハデなピンク色が
気になって仕方がない。

早く、早く、顔を見せて。

私は、今、待っている。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:59 

2007年05月25日

聖母マリア

二人の少女を、
心から全身で抱きしめた。
美しすぎる心と、
美しすぎる肉体を、
神様に与えられた彼女たちは、
青春という果てしない苦痛を
やわらかな胸の中にしまい込んで
笑っていた。

私の、汚れた大人の感情や、
汚れた大人の倫理や建て前などといった、
そんなものは一瞬にして
消えてなくなりそうな
彼女たちの純粋なエネルギーは、
私は変化させる。

私の肉体は、
あなたたちの成長のために
使い果たしなさい。
私から吸い取れるものが
まだ残っているのなら、
すべて、取り除いて構わない。
あなたたちの心の歴史上に、
私の存在が、
私がいなくなった後も残るのなら、
私のすべてをあげよう。

私は、彼女たちによって、
その日、聖母マリアになれた。

女性に生まれてよかったと、
心から思った。

美しい少女たちよ、
永遠であれ。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:15 

2007年05月23日

ニューヨーク

久しぶりに、
なつかしい曲を聴いた。

昨年、私が苦しみのどん底にいたとき、
今から思うと、久しぶりの
大きな挫折を味わったとき、
友人が、そのときのボロボロの私のために
贈ってくれた曲だ。

あれから何ヶ月かが経ち、
その出来事も、ひと昔となった今、
改めて聴いた。

あのとき、私はこの曲を聴いて、
嗚咽した。
ためていたすべての感情が
ほとばしり、あふれ出し、
号泣した。

そして今、そのはかなげな、
美しい、切ない旋律の流れの曲に、
身をまかせ、目をつぶり、
時の流れを感じる。

それは、静まり返った
薄紫色の朝もやの
ニューヨークを想像させる。
たくさんの巨大なビルが立ち並ぶ、
世界の中心のニューヨークマンハッタンも、
朝は静まり返り、
これから起こるたくさんの
さまざまな闘いを、
静かに眠りの中に沈ませている。

確かに、あのとき、
私には休むことが
必要だったのかもしれない。
苦しみからも、
孤独からも、
運命からも、
将来の夢からも、
信念からも、
生きざまからも、
すべて解放され、
ひたすら眠りにつく必要が
あったのかもしれない。

今、とてもなつかしく、
ゆったりとした気分で、
砂時計のような時の流れを
味わうことができている気がする。

「もう、終わったこと」
と、再確認できた、
私のあのときの時間。

今年、近々、ニューヨークへ行く。
私の再確認を
してきたいと思っている。

投稿者 椎名 あつ子 : 17:03 

2007年05月21日

Sさんへ

新しい家族、
CoCoちゃん(チワワ3ヶ月半)が来て、
1ヶ月が過ぎた。

はじめ、急におとなしくなり、
よそよそしくなってしまった
お姉さんBettyも、
やっと妹の存在を受け入れ始め、
2匹でお留守番する方が
淋しくないことや、
楽しいこともあるということを
分かってくれているように思える。

人も同じだと、最近感じる。
一人より、誰かパートナーが
いた方がいいし、
家族も、時には面倒だけど、
一人ぼっちは、やはり、
つらいかな。

ただ、人は、
その存在が在ることに
慣れてしまうため、
いろいろな愚痴や非難の気持ちが
出てきてしまうのだと思うが、
一人になったときはじめて、
人の温かみや、
その人の存在の大きさを
知るのだと感じる。

ある人のご主人が、奥さんに向かって、
いつも、何か自分に
気に入らないことがあると、
脅迫のように
「離婚だ」
といい続けている。
彼女は彼女なりに、
その状況を受け入れ、
耐えているように思える。

私は、そのご主人に伝えられたら
そっと言いたい。

「あなたは一人では無理よ。
それに、犬だって、
パートナーを受け入れているのよ。
時には、うざいと思いながらも。」

受け入れるとは、
受け入れる相手が、
自分にはいるということ。
それは、とても大きなことであると
知ってもらいたいな。
そのご主人、カウンセリングに来ないかなと、
真剣に思った、ある日の午後。

投稿者 椎名 あつ子 : 20:10 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2007年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

オススメ