2007年06月アーカイブ

2007年06月29日

N.Y.

もう少しで、N.Y.に行く。
10年ぶりのN.Y.。

10年前、ビルの最上階のレストランで、
食事をした。

ある人が言った。

「ここにこうしていると、
世界を手に入れられる人間に
なれる気分になるんです。
ここは自分を高める場所です。」

あの頃、私は、
全くそのことばの感覚が
分からなかった。
世界を手に入れること、
誰よりも大きくなること、
弱いものは食われ、
勝ったものだけが生きられる
N.Y.の世界。

そういうことだった。
10年前のN.Y.は。

今、あのレストランは、
ビルごと9.11でなくなり、
いろんなことは消えて、
なくなっていることだろう。
何故なら、アメリカも
変わろうとしているから。

私も、10年前と変わったと思う。
だから、もう一度、
高いところから
N.Y.の街を見てみたい。
今の私は、N.Y.を見て、
何を感じるのだろうか。

私は、アメリカが大嫌いで、
そして、大好き。
アメリカに教えられた世界は大きく、
そして、アメリカに裏切られたことも
大きい。

ここ長年、アメリカを避けてきた。
でも、大好きだったあの土地を、
もう一度、好きになれたら、
私は変われる気がする。

カウンセリングの
始まりの場所でもあるから。
私の原点を、
もう一度改めて、見たい。
この数日間で。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:07 

2007年06月22日

ことば

ことばの持つ魔力、
ことばの不確かさ、
ことばの誤解、
ことばの残酷さ、
そして、ことばはすべて。
やはりことばに戻る。

昔に戻るために、
どんなことばで伝えれば、
あの時に戻れるのだろうか。
どんなことばを与えられれば、
昔に戻れるのだろうか。

戻りたくても戻れない。
こんなはずじゃなかった。
時の流れを、
他人は分かるはずもない。
だからやはり、
そこは2人の問題。

別れたくても別れられない現実。
別れても別れていない現実。

私はこの2人を
どの方向に導くことが
適切なのだろうか。

今日も、そんな中で、
ことばが大きく左右する。

あなたには、あなたなりの言い分。
私には、私なりの言い分。

長い年月が刻まれて、
もう、どうでもよくなっていた。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:59 

2007年06月20日

ヘレンド

夢を見た。

深く美しい海の中で、
もっと深いところへと
誰かに導かれる。
そこには、未知の世界が
あるらしい。

私はやはり、途中で恐くなり、
そこから出ると、
海の中にテーブルがあって、
その上には、素敵なアンティークな
食器が並んでいた。
私の好きな、ヘレンドの
キャンディボックスも、
そこには置かれていた。

この夢の分析は、
いまだにできずにいる。

私は、海に潜りたい。
一昨年出会った
ダイビングのインストラクターは、
45歳で死ぬと言っていた。

私の脳は、夢の中で
どう感じて、どう考えているのか。

ヘレンドのキャンディボックスは、
私の実家のリビングテーブルの上に
事実、本当にある。
それがどう結びつくのか、
答を出すには、もう少し
時間が必要かも。

ただ、あのインストラクターとは、
近々、また会いたいと思っている。
ヘレンドのキャンディーボックスを
プレゼントしたら、
彼は変われるのかな?

目覚めたら、
混乱の朝の始まりだった。

投稿者 椎名 あつ子 : 19:54 

2007年06月18日

ポストカード

画家さんがやってきた。
近々、個展に出すという
3点の絵のポストカードを見せてくれた。

50歳に近い彼からは、
純粋で素朴な印象を受けた。

私は、3点の絵を
しばらく見続けた。
2つは花の絵で、
もう1つは、ある国の
ヨットハーバーの絵だった。

「激しいですね」

私は言った。
正直な感想だった。

彼の色使いから、
とても強い何かを感じた。
きれいな色彩の絵の具を
1つ1つ選び抜いて描いた
明るさの中に、
必死に伝えようとする
強さがあった。

彼の弱々しい瞳の中に、
時折見せるしずくの光に
胸打たれた。

その数時間後、仕事が終わって、
少し悲しい出来事があった。
人が変わっていく過程を
知った気がした。

もう少し、冷静に考えよう。
諦める前に、もう一度。

私は、今日の画家さんの絵を、
もう一度テーブルに並べて、
見続けた。
今の私の気持ちに
似ているような気がしてならなかった。
そして、少し、
私なりに前に進める気がした。
私は彼に、もう救われていた。
だから、私は彼を救う。
強く心に誓った。

投稿者 椎名 あつ子 : 21:45 

2007年06月15日

おかみさん

いつか、いつか、いつか、うーんと先、
私が70才とか80才とかのとき、
最近、考えている夢がある。

ちょっと前までは、
パリに小さなアパートを借りて
住むことだった。
パリに住んでから、その後、
したいことが見つかった。

私、小料理屋の
おばあちゃんおかみになりたい。
小さなカウンターだけの店で、
常連客しか来ないようなところで、
その日の料理を
カウンターの上に並べて、
自分も飲みながら話す。
そして、聞く。

「私だってさー、むかしはさー、
カウンセラーなんてやっていたのよ。
本当に人生賭けてね。」

お客さんは言うの。

「オレだってさー、むかしはさー、
そこそこの会社に勤めてさー、
部下だっていっぱいいたさー。」

そして、私。

「お互い、いい年になったね。
でもやっぱり美味しいね、ワインって。
いくつになってもね。
お互い、もっと長生きしようね。」

こんなこと考えるように
なったことは、少しずつでも、
年をとってきた証拠かもしれない。

けれど、カウンセラーという生き方を
本当に自分の中で納得できなかったら、
先の夢は、はかなく消えていていく
ものだと思う。

スポーツ選手のように、
この仕事も、それなりに限界はある。
だからこそ、限界のその日まで、
精一杯、カウンセラーでありたい。
そして、そのうーんと先は、
小料理屋のよぼよぼおかみさん。
いいじゃない。
こんな人生。

だから私は今、
カウンセラーという生き方に賭ける。

投稿者 椎名 あつ子 : 17:13 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2007年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

オススメ