2007年08月アーカイブ

2007年08月31日

バースデー

一番身近にいる大切な人の
バースデーが近付いている。
彼女は、40歳になるという。

30代は、大人の女性の
最高の時期。
40代は、大人の女性が
自分と向き合う時期。
そして50代は、大人の女性が、
どう社会に貢献できるか
考える時期。

私は、そんな風に
勝手に思っている。

40歳になる彼女に、
私ができること。

それは、私の失敗談を話して、
繰り返さないように
伝えることかな。

「Yさん、がんばれ!
そして、40歳おめでとう。」

投稿者 椎名 あつ子 : 14:31 

2007年08月29日

5日目

ある言葉に傷付いて、
4日が過ぎた。

よくあること…と思い、
忘れようとしながらも、
ふと何かの時に思い出しては
苦しくなった。

涙は、こういう時に
何故かでてこない。

意外と、私、
今、辛いかも…
と、初めて心の中を
見た気がした。

自分の心は、私以上に
必死になっていた。

「こわれてはいけない!」

そんな苦しみの、
5日目の朝。

ある子から、2年ぶりに
電話があった。
小さなささやくような声だった。

「もう一度、カウンセリング、
受けたいです」

全身の毛穴が開くような
思いがした。

「もう一度」

いい言葉だなと、
しみじみと思った。
私の心が癒えて、
ぱっくりと開いていた傷口が
ふさがれていく…
そんな瞬間だった。

朝8時15分。
南東の風少々、天気晴ればれ。
朝のコーヒーを、
いつもより濃い目にした。

いい5日目の朝だった。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:01 

2007年08月27日

夢の話をした。

うつで引きこもりな彼はある日、
自立できることが夢と
言っていた。

フリーターの女の子は、
正社員にいあつかなることが夢。

若い女の子は、
今の彼と結婚して、
海外で暮らすことが夢。

そしてある人は、
街に、人が幸福になる物を
創り残すことが夢。

ある老夫婦は、ひたすら、
孫の子どもが産まれるまで
生きることが夢。

そして、私は…

年をとって、ある時期まで、
この仕事を、安定した気持ちで
続けていくことが夢。

私の夢は、もしかして夢らしくなく、
現実的すぎるのかもしれない。
でも、この私にも、
もっと夢らしい夢を
持っていた時はあった。
ひたすら思い続け、
信じた時があった。
神に祈る思いで。

だけど、年齢を感じた頃から、
夢を夢で終わらせないために、
しなければいけないことが
まずあるということを知った。
その日から、私にとって、
夢は目的となった。

夢は、夜見るものと
なっていった。

投稿者 椎名 あつ子 : 18:03 

2007年08月24日

離婚問題

ここ最近、30代~40代の
離婚の相談が増えている。

結婚して10年目ぐらいで、
お互いの価値観、
考え方のずれが大きくなり、
限界を迎える人たち。

相手の残酷な言葉に傷付きながら、
その結果、2人の間には、
会話が途絶える。
会話のない関係が、
子どもの育つ過程にも
影響を与え始め、
家族全体が機能しなくなり始める。

夫婦のカウンセリングでは、
お互いの性格の傾向を、
心理検査などではっきりと認知し、
その上で、何が必要か、
何が欠けているかを
理解していただいている。

相手の欠点ばかりが見えて、
先走って感情的になりがちな状態を、
客観的に見つめ合う。
また、言葉の伝え方、使い方を
学んでいってもらうこともある。

2人の関係が、修復へと向かうとき、
不登校の子どもが、
突然、朝起きて、
学校に行き始めることもある。
また、やはり別れた方が、
子どものために、いい場合もある。

夫婦の問題を分かり合えていない
2人が話し合っても、
いつまでも平行線である以上、
一度、カウンセリングといった場で、
客観的、かつ冷静になる必要も
あるということを、
改めて伝えていきたいと
感じている。

投稿者 椎名 あつ子 : 19:56 

2007年08月22日

卒業生

今日、カウンセラー養成講座の
研究科の生徒が3人、
卒業した。

初級から始まり、
中・上級、研究科と、
3年半近くの年月を
共に歩んできた。

一緒に勉強していく中で、
彼らの将来の目標や、
現時点での環境の変化によって、
様々な悩みの壁にぶち当たり、
動けなくなったかのような
時期もあった。
ブランクがあった時もあった。

最後の授業の後、
近くの店で食事をしながら、
3年半を思い返し、語り合った。

私自身、この講座を開いた理由は、
資格を持つカウンセラーも、
これからカウンセリングを
仕事に役立てたい人も、
カウンセラー希望の人も、
より多くの人に、
現場で日々起きる
クライアントの状態を
もっと知った上で、
カウンセラーという仕事と
向き合う場所があまりないと
感じていたからだった。

そして今、人にカウンセリングについて
教えるということが、
どんなに難しく、
またどんなに責任があることかを
考える時間を与えてもらっていることを、
日々、感じている。

カウンセラーに必要な、
クライアントに対する
基本的な共感、理解の意味が、
果てしなく深い問題であることも、
教えながら痛感している。

卒業生を見ていて、まず、
彼ら自身が大きく成長したと
実感させられた。
自分の感情のコントロールと、
忍耐力といった、
精神の強さをしっかりと
身につけていこうとする
エネルギーを、彼らに感じた。

彼らとは、卒業した後も、
スーパーバイザーとして
関わっていくことになった。

カウンセリングについて、
真剣に、一緒に、
考えていくことのできる仲間が、
少しずつ増えていくことを、
心から感謝している。

そして、3人の成長に対して、
私自身、誇りに思っている。

「みんな、おめでとう。
そして、本当にありがとう。」

投稿者 椎名 あつ子 : 16:48 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2007年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

オススメ