2007年12月アーカイブ

2007年12月29日

2007

今年も、今日で終わりとなります。
この1年間を振り返ってみて、
新たな挑戦があり、
新しい出会いもいくつかあり、
また、反対に諦めたこともありました。

来年、9年目を迎える、
ここ横浜心理ケアセンターも、
少し大人になり、
一緒に、私も少し大人になりました。
今年はまた、新しいスタッフも入り、
優秀なスタッフたちに囲まれ始め、
本当の意味で、
どんなクライアントさんにも対応のできる
質の高いカウンセリングルームとして
評価されつつあることを
誇りに思っております。

来年度は、スタッフ一人一人の力を
最大限に使いながらも、
自分の勉強を、少しまた
始めようと思っています。
カウンセラーに必要な感性と、
一人一人への興味を、
どういった形で表現していくのかは、
私のテーマでもあります。

また、今年の最大のニュースは、
新しい子犬がやってきたことです。
この子は、普通の犬よりも頭が悪く、
いまだに、おしっこを
あらゆるところにしまくり、
とても育てにくい子です。
他と違った部分の多さに
戸惑い、むかつき、疲れもしました。

ただ、この子は、
だからこそ、かけがえのないものとして、
たくさん、私自身いやされました。
彼女から学んだことは、
私にとって大きな影響となり、
他より劣っていたり、欠けていることが、
ある意味、大きな意味を持つことを
実感しました。

今年も、私にとって、
大切な1年となりました。
スタッフ、そして私自身、
関わってくださっている人たちへの
感謝の気持ちを忘れず、
来年も気持ちのいい年にして
いきたいと思っております。
どうかよろしくお願いいたします。

来年は、1月4日からスタートとなります。
みなさんが、
いいお正月を迎えられますことを
お祈り申し上げます。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:51 

2007年12月26日

クリスマス

クリスマスイブ。

仕事が終わって、夜、
ドリカムの昔のコンサートの
DVDを見た。

「LOVE LOVE LOVE」

これは、いつ聴いても切なくて、
美しい曲だと思う。

「ねぇ どうして
すごくすごく 好きなこと
ただ 伝えたいだけなのに
ルルルルル
いまくいえないんだろう」

………

ねぇ、どうして…
こんなにも揺れてる想いを
伝える勇気がないんだろう。

ねぇ、どうして…
頭では分かっているのに、
ことばにしようとすると、
誤解になってしまうんだろう。

ねぇ、どうして…
自分の本当の
ありのままの気持ちのまま、
生きることが、
こんなにもむずかしいんだろう

ねぇ、どうして…?

頭の中が、自分への問いかけで
一杯になっていった。

今年のクリスマスは、
私にとって静かで、
そして、愛いっぱいの気持ちに
なっていた。

投稿者 椎名 あつ子 : 11:08 

2007年12月21日

大切な人

大切な人のおばあさまが、
突然亡くなった。
彼の母親は、彼が15歳の時亡くなり、
その母親の母であるおばあさまは、
彼にとって第二の母親だった。

おばあさまは、やっと、
天国にいる、娘である彼の母親の
元にいった。
でも、突然すぎた。

この知らせは、カウンセリング中に
スタッフに知らされ、
私は知らないまま、クライアントと
カウンセリングをしていた。
クライアントとのカウンセリングが終わり、
知らされた時、
混乱し、動揺した。

私はクライアントを、
ショックのあまり玄関まで
いつものように見送ることができず、
そのままにしてしまった。
そのクライアントの、
今年最後のカウンセリングの日で、
私に手紙を託してくれていた。

「いい聴き手に出会うことで、
物語は、そこからまた、
新しく始まる。
そして、その人の物語になる。
カウンセラーは、相手の、
出たり入ったりする感情に
寄り添う人。
私の大切なあつ子先生は、
いろんな人の人生に寄り添う人。
……… 」

私は、突然の知らせに動揺し、
彼女に、最後、ありがとうと
言えなかった。
こんな素敵な手紙のお礼を
言えなかった。

クライアントである彼女、
そして、私の友人、
その2人は、同じ大切な人。

でも、同じ時、同時に、
何もできなかった自分を責める。
あなたにも、そしてあなたにも。
思いを伝えられなかった。

その大事なタイミングを
逃してしまったら、
きっと、信頼は、
意味がなくなるのだろう。
でも、私は心から、
この2人を想い、考えている。

あと少しで終わろうとしている今年が、
静かに、そして穏やかに、
幕をおろしますように。

投稿者 椎名 あつ子 : 18:32 

2007年12月19日

再会~5年の月日~

5年ぶりの再会だった。

彼女は、19歳の頃、
初めて私の所へ訪れた。
当初、華奢な体つきと、
美しい顔立ちに、
大きな目がひときわ印象的な、
とてもとてもかわいい女の子だった。

それからしばらくして、
彼女は、20歳近く
年上の人と結婚し、
横浜から離れていった。

あれから5年。

彼女は、すっかり大人になっていた。
結婚生活の中で、
たくさんの地獄を経験し、
もう何も恐いものはないと
話してくれた彼女は、
あの頃の少女の面影はなく、
力強い堂々とした
女性となっていた。

今、離婚訴訟といった、
長い道のりの、過酷な決断をし始め、
「絶対負けない」
と、心に誓っていた。

5年ぶりの彼女は、私に、
大きく成長した自分を
見て欲しかったと、話してくれた。
たくさんの傷を、
体にも心にも受けてきたはずの彼女は、
そんなものがあることすら
感じさせないほど、
瞳の奥からは
強い光が見えていた。

人は、いつでも、いつからでも
変われるということを
教えてくれた。

投稿者 椎名 あつ子 : 19:36 

2007年12月17日

この一枚

一ヶ月ぶりに、
三浦の家に出かけた。

三浦の冬の海は、
お天気がいいときほど波が激しく、
やっとの思いでカヤックに乗り、
スリルを味わいつつ
近くの浜までたどりついた。

今さらながら、
初めて買ったデジカメを持って、
写真を撮ることに
夢中になった。

何枚か撮った中で、
素人の私が、
ちょっといい感じと
自分で思えた写真が、
この一枚。

青い海と、
白い砂浜と、
そして、ブランチのワイン。
これこそ、休日。

寒くて、少し後悔したけれど、
今年最後の海となった。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:32 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

カレンダー

2007年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

オススメ