2008年03月アーカイブ

2008年03月27日

講演会

先日、測量関係の会社を経営する
社長さんたちの交流会で、
講演する機会を与えていただきました。
短い時間の中での講演でしたが、
その後、食事会に、
一緒に参加させていただけたことで、
たくさんの方々と
話をすることができました。

従業員と従業員の家族を支え、
会社の経営を支え、
また自分の家庭も支えている
経営者である彼らの生き様は、
一言では言えない
日々のストレスとの闘いであると、
痛感せずにはいられません。

私たちは、そういった人たちに、
よりメンタル的なケアのお話を、
今後も数多くしていく中で、
もっと現代のストレスについて、
そしてストレスからくる
心の病についての理解を
深めていただきたいと
感じております。

私たちは、今後も、
カウンセリング以外の場でも、
精神的な問題について
知っていただくために、
努力していくつもりでおります。
よろしくお願いいたします。

投稿者 椎名 あつ子 : 19:25 

2008年03月21日

ライブハウス

冷たい春の雨が降り続ける中、
前から誘われていたライブに出かけた。

狭い地下のライブハウスでは、
たばこの煙の中、横浜の本牧で、
知らない人はいないだろうと思われる
ロックのボーカリストが歌っていた。
心臓に響きわたるギターとドラム。
そして、彼の鳴り響く声。
観客は、踊りながら片手にお酒、
そしてもう片手はたばこを持ち、
一緒に歌う。

私は、どうしてもこういう時、
少しよそよそしくなり、
一人になりたがってしまう。
いつもそう。
たくさんの知り合いの人に
久しぶりに会い、
とても楽しいし嬉しいのに、
何故か、集団の中で一人になりたがる。

それは、昔からそう。
思えば、中学時代から、
群れることが苦手。
15分間、元気?から始まる近況を
ほんの少し話すことはできても、
あとが続かない。
何を話せばいいのか、分からない。
一人でひたりたくなる。
変な性格。

だから、私の所に来る、
人とコミュニケーションを取ることに
悩んでいる人を目の前にすると、
とってもよく分かる。
でも、みんなは気にしすぎ。
私も同じ。
沈黙が、時につらい。
でも、これでいいの。
ううん、これがいいの。私にとって。
そう思えたら、楽だよ。

ライブは最高!
うるさくていい。
でも、私は静かでいたい。
これも、私。
変えたくはない。
これが、私だから。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:57 

2008年03月19日

受け入れないこと

昔、私の手相をみた人に
言われたことばがあった。
それは、私の運命を左右する
強烈なことばで、
それは、ある意味、
死を意味していた。

あれから10年以上が過ぎたのに、
彼女のことばは、
私を長い間しばりつけ、
時に不安がらせ、
恐怖へとおとしいれたりしてきた。

その呪縛から、もうあと少しで
解放される。
その日を過ぎれば、
私は死という恐怖から
立ち直れるだろうと思う。

死の恐怖を考えながら、
ふと、最近がんを宣告された
大切な友人を思い出していた。

彼女は先日、

「そのときはそのとき…と、
思うようにしているの。」

と、にこやかに話していた。
でも、それは、
どんなにか苦しいことか、
恐れずにはいられないことか、
分かっている。

私は、昔言われた
呪縛のことばを思い出すとき、
ものすごく彼女を恨んだ。
恨んで、憎んでいくと、
知らぬ間に楽になっていった。
強いエネルギーが
湧き上がってきていた。

がん告知を受けた彼女に、
先日、伝えてきた。

「がんを憎んでね。
絶対に許さないでね。
受け入れないでね。
負けないでね。」

人には、絶対に
受け入れてはいけない!ことが、
時にはあると思う。
それは、生きるために。
そしてそれは、
自分の生命力を信じるために。

投稿者 椎名 あつ子 : 18:50 

2008年03月17日

逃避

週末、久しぶりに
三浦の家に行ってきた。
初春の海は、
気持ちのいい風が吹いていて、
私の先週の疲れを
やさしくなごませてくれた。

祖母の様態が気にはなってはいたが、
2ヶ月近く放置しておいて家を
丁寧に掃除したり、
昼寝をしたり、
近くの知り合いの店で
ヨットの話をしたりして、
あっという間に時間が過ぎた。

この家は、使い勝手も悪く、
湿気も多く、
海からの風のせいで、
いろんな物にカビが生え、
庭の草むしりも大変で、
保有するのに
決して楽ではないけれど、
なぜかホッとさせてくれる空間だ。

日々の慌しい現実から、
逃避できる生活が、そこにはある。
逃避ということが、
どんなに幸せで、
とんなに必要なことか、
分からせてくれる。

今年もまた、
バーベキューの時期がやってくる。
お金をかけず、
時にエスケープすること。
これは、私の人生において、
大切な課題。

久しぶりの海を見て、
感じたことだった。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:08 

2008年03月14日

目ざめ

不幸な母親がいる。
子どもは、入退院を繰り返し、
少し良くなった兆しが見えてきて
喜んでいると、
勝手な行動が目立ちはじめ、
それを止めると暴れだし、
自傷行為に走り、
脅しのように、家出を促す。

美しい顔立ちの母である彼女は、
弱りきった心と体を
やっとの思いで動かしながらも、
変わり果てた娘の姿と、
もっとこれから変わり果てていくだろう
娘の姿を思い、悩み、絶望し、
涙も枯れ果てていた。

「もう私、あきらめました。
こうなる原因を作ったのは
私かもしれないけれど、
もう、何をして償えば、
あの子が分かってくれるのか、
変わって良くなってくれるのか。
そのために、もう全てを尽くしきって
しまったように思えて。
だから、あの子をあきらめてあげることが、
優しさなのかと思うのです。」

つらい時間だった。
娘本人の病気のつらさも、
十二分に理解できるし、
理解し続けていきたいと思う中で、
母親の姿は、
あまりにも地獄の世界だった。

あきらめてあげることが、
優しさなのか?
…そうなのかもしれない。

でも、今の娘に、
この奥深い母の気持ちが
分かる日が来てくれるのだろうか。

放置でもなく、
見捨てたのでもなく、
ただ、求めない。
心の中で、そっとあきらめる。
それでも、母にとっては、
娘であることには変わらない。

目をしっかりと開いて、
よく考えて、
戻っておいで。
安易な道を捨てて、
逃げないでこっちの道に戻っておいで。
あなたの本当の味方の
お母さんの側に、
近付いておいで。

魔法があるなら、今すぐにでも、
私はあの子に気付かせたいと、
本当に祈る気持ちで、今はいる。

目ざめてほしい。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:26 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

カレンダー

2008年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

オススメ