2008年05月アーカイブ

2008年05月30日

心配

あなたのことが気になって、
今日は眠れそうにありません。

2ヶ月間という、
短くも激しい恋を、
経験しました。
美しい思い出だけが、ふたりのすべて。

そして、あなたの愛しい人は、
飛び立ちました。
期限のない再会の約束だけを
残して。

彼は、新しい未知の世界へと羽ばたき、
そしてあなたは、ただ残され、
現実の生活と向き合うという
試練が訪れました。

どんなにその胸を痛め、
淋しさと闘っているのでしょうか。

涙ひとつ見せずに、
こういう時に、いつもあなたは、
すべての人をシャットアウトする。
そして、黙ってひとりで
眠り姫のように眠り続ける。

あなたは強い子です。
でも、あなたはまだ、
16歳です。

どうか、自分を見失わないで、
どうか、あなたの生まれてきた意味を
忘れないで。

そしてどうか、ひとりではないことを、
私はいつでもここにいることを
思い出して。

投稿者 椎名 あつ子 : 16:31 

2008年05月26日

コンサート

母が習っている女声合唱団のコンサートに、
小雨の中、行ってきた。
50代~70代の女性30名ほどがひとつになって、
力いっぱい合唱していた。

私の母も、もう何年も前から
このグループに参加しており、
彼女の生きがいのひとつとなっている。

みんなそれぞれ、夫や子ども、
孫たちとかかわりあっている女性たちは、
私にとっては大先輩の集まりであり、
その人たちが、毎週練習を何年もし続け、
今日のコンサートへとつながったのだと思うと、
尊敬の思いが強かった。

私の母は背が低く、細い華奢な方だと思うが、
その体全体で、歌うことを表現していた。
とてもけなげで、かわいい姿だった。

最後の方は、緊張なのか感動なのか、
母は少し泣きそうな感じで、
それを見て、ハラハラしている私がいた。

あと何年、この仲間たちと
歌い続けられるのだろうか。

そんな不安を持ちながらも、
それにしても、私の母は、
いちばん、誰よりも美しかった。
私は心から、私の母を賛美した。

投稿者 椎名 あつ子 : 17:28 

2008年05月23日

秘伝の味

その日の夜、突然、
何人かが集まり、
夕食を一緒にすることとなった。

私は、うどんに決めた。

我が家のうどんは、
父から教わってきたもの。
昔、日曜日のお昼というと、
父がうどんのつゆを作ってくれていた。

ひとつは、大きめに切ったなすを炒め、
しょう油と砂糖とだしで
味付けしたつゆ。
もうひとつは、油あげと、
豚肉の細切れと、
ねぎをたくさん入れたつゆ。

この2品種の温かいつゆに、
つめたいざるうどんを
つけて食べる。
田舎の味。

これは、最近なくなった祖母が
よく作っていたらしく、
それを父が受け継ぎ、
そして、この私に受け継がれた、
秘伝の味。
他の人の口に合うかは分からなくても、
私は、うどんというと、
なつかしくて作ってしまう。

父から受け継がれたもので、
私に確実に残っていると思えるものが、
うどんのつゆとは…
少し笑える。

おふくろの味とはいうけれど、
これはまさに、おやじの味。

親から子へ受け継がれるものは、
ある意味、自分のルーツの
あらわれである気がしている。

投稿者 椎名 あつ子 : 17:43 

2008年05月21日

不幸なこと

私の知人で、会うたびに、
「忙しい、忙しい。」
と言っている人がいる。
先日も、久しぶりにある店で、
偶然会って、立ち話をしていたら、
「ここのところ忙しくて、
疲れていて、
寝ていないんだよね。」
と言っていた。

ふんふんと聞いているうちに、
だんだんイヤな気分になってきて、
「忙しくて大変ネ。」
と言って、会話を終わりにしたくなった。

私の、イタリア人と仕事をしている友人は、
あるとき言っていた。

「忙しいということは、
イタリアでは不幸なことなんだよ。」

なるほどね。
日本では、忙しいほど、
仕事があるということは、
良いこととされているけれど、
それはつまり、
疲れるから不幸ということ。
国によって、考え方が本当に違う。

本当に忙しい人も、
忙しぶっている人も、
自分で忙しくしている人も、
不幸なのか…もね。

でも、
「ひまなんです、私。」
っていうのが、
幸せには思えない私は、
やっぱり日本人なのかも。

だけど、いつも忙しいっていうのは、
少し問題かもね。
もう少し、力を抜いて。
先は長いからね。

投稿者 椎名 あつ子 : 19:58 

2008年05月19日

ヨット

さまざまな人間関係の波に、
少し飲み込まれそうに
なっていた1週間だった。
週末、三浦の家にリラックスしに行った。

日曜日は朝から天気がよく、
海に出て、ヨットに乗った。
小さなディンギーと呼ばれるヨットは、
風のみで走る。
風を、いつもよりも感じようとする。
どこから吹いてくるのか、
肌の毛穴すべてが
敏感になってくるのが分かる。

風がやんでしまったときは、
ひたすら、ひたすら、祈る思いで
待つしかない。

風が吹くと、海の表情も変わってくる。
静かだった波が、
突然、大きな波になったりする。
何も問題のなかった人との関係が、
突然、大きく揺らぐときのようだ。

海に出て、自然から学ぶことが多い中、
今日は、ボーっと風を待ちながら、
そんなことを考えていた。

今日は、こんなにも落ち着いている景色も、
明日から、台風が来るらしい。
きっと、この三浦の海も、
雨と風が激しくなり、
船もヨットも静かに避難するのだと思うと、
私たちの日常も同じだなと
思ったりした。

だから、おもしろいんだよね。
人生も、そしてヨットも。

投稿者 椎名 あつ子 : 16:56 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2008年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

オススメ