2009年07月16日

海・その愛

音楽でいうとボサノバ。
季節でいうと夏。

夏とボサノバは、
なんとも絶妙な調和だと思っている。

先週末の三浦の海は、
久しぶりに新鮮で、
ショッキングな時間だった。
灼熱の太陽とは程遠いけれど、
初夏の陽ざしは、
それでも十分、私の全身を短時間で
まっ赤に染めた。
小さなヨットでの海への旅は、
時々、風が止まり、そして舞い、
複雑すぎて、
ヨットは走ることをあきらめ、
私を海の上へ放置した。

夕方になり、風が冷たくなり、
波で濡れた体は、急に冷え始めた。
私は、もう一度、
風邪をひくこととなる。
つまり、風邪をこじらせた。

それでも夏は、じっとしていられない。
早く感じたい。
たくさん感じたい。

風邪などきっと、
初夏の風と一緒に
吹き飛ぶと信じている。

私の夏、そして、私の海。
加山雄三の「海・その愛」の
男と俺の部分を、
すべて、女と私に変えた替え歌こそ、
私流ボサノバ
そして、私の人生。

「海よ 俺の海よ
大きなその愛よ
男の想いを
その胸に抱きとめて
あしたの希望を
俺たちに くれるのだ」

大好きな海との時間。
待っててね。
私はそこに行くから。
これこそ、自由な時。

(加山雄三「海・その愛」より一部引用)

投稿者 椎名 あつ子 : 14:21

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

オススメ