2010年02月アーカイブ

2010年02月25日

ココちゃん

我が家のココちゃんの
3才のお誕生日。

2匹目のチワワ、ココちゃん。
おととしは、大手術もした。

あの日、ぐったりとした
うつろな瞳の彼女を抱きしめて、
祈った。

どうか生きて。
死なないで…
と、祈った。

ココちゃんは、今では元気になり、
そして、いつまでたっても
うんちをそこらじゅうにしてしまう、
おバカなところは相変わらずで、
愛情がいつも欲しくて仕方がない
甘えん坊の子のまんま。

決して飼いやすい子とはいえないけれど、
だけど、ココちゃんは、
いつも私のそばにいてくれる。
呼べば、真っ先にジャンプして
ひざの上にやってきて、
目をくりくりさせて笑っている。

ココちゃんは、私の家に来るために
生まれてきたんだなと、
本当につくづく感じている。

お誕生日おめでとう。
これからも元気でね。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:50 

2010年02月17日

友達

「怖いのは、
今が幸せだからだと思うんです」

今年のはじめ、大手術をした友達が、
手術前にメールで伝えてくれた言葉。

手術をするのは自分なのに、
私は、彼から大きな勇気をもらった。

将来が不安になったり、
怖かったりするのは、
そう、今が幸せだから。

謙虚という気持ちだけでは
あらわしきれない、
大きな、海のような、
やさしさに満ちた世界に
ひたされたことばだった。

私は、彼の友達であることに、
大きな意味があると思えている。
そしていつか、この言葉に
お返しのできる何かができたら
いいなと思っている。

投稿者 椎名 あつ子 : 11:32 

2010年02月11日

陶芸

ある人が、私に話してくれた。

「自分の思い通りにならないことって、
おもしろいと思うんです。
たとえば、陶芸とか。
一生懸命、できあがりの器を
想像して作ってみるけれど、
これが、焼いてみると
その通りにはいかないことがほとんどで。
色とか形とか。
でも、それがいいんです。」

描いたイメージ通りに出来上がらないから、
奥が深いということ…か。
コンピューターではないのだから、
確かにそうだと思った。
ただ、おもしろいという表現には
なかなかなれそうもない自分の性格を、
少し恥じた。

すべてが自分の思い通りにならないのは、
あたりまえとは思っていたけれど、
少しでも思い通りにしていくために
努力をしていくこと。
そんなことばかり考えていたかもしれない。

思ったようにいかないことを、
ただ素直に受け入れ、
楽しんでみる生き方も、
あるのかもしれない。

昔、箱根で陶芸の体験をして、
はじめて作った、
でこぼこのワイングラスをながめながら、
少しホッとしている自分に気付いた。

投稿者 椎名 あつ子 : 16:21 

2010年02月08日

梅の花

梅林を見に、はるばる出かけた。

春は、確かにそこに来ていた。

白やピンクの
小さな花をつけた梅の木が、
果てしなく続く世界。
風に乗って、あまく優しい香が
春の妖精を導いてくるかのように思えた。

お花見をしに桜を見には、
毎年行くのに、
梅を見に行くのは、
はじめてに近かった。

梅は、桜に比べて
華やかなイメージはないけれど、
梅は、梅のひかえめな美しさがあった。
桜のような、
はかなさやせつなさの美しさではなく、
謙虚ということばが
似合う花だと、
はじめて思った。

桜に主役を譲った
梅の花の気持ちを感じた。

「わたしは、桜のようには
大きな木にもなれないけれど、
わたしはわたしで、
春を呼ぶ最初の花よ」

そう、確かに
梅の花はいっていた。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:53 

2010年02月01日

半世紀

ある、50歳の誕生日を迎える人が、

「半世紀、生きてこれたことに感謝」

と言っていた。
半世紀とは、なんと重く深い言葉なんだろう。

私も、もうじき半世紀の
人生の区切りの時がやってくる。

「自分の選んだ道を素直に生きよう」
と、先週、10代のギタリストが
歌っていた曲を、思い出した。

一日一日、一瞬一瞬を、
うんと大切に、
そして感謝して、
そして夢を持って、
与えられたこれからの時間を
歩んでいこう。
たとえつまずいても、
道は、この先も続いているわけだから。

投稿者 椎名 あつ子 : 20:04 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

オススメ