2011年03月アーカイブ

2011年03月21日

1つになるということ

東北関東大震災から、1週間が過ぎました。
まだ余震が続き、まだまだ不安定で、
食事もなく、水もなく、ガスも出ない
辛い環境の被災地で、
自分の家のあった場所へと訪れる人が、
数多くいらっしゃいました。

愛すべき人の記憶を求め、
泥まみれでも、残っているかもしれない
写真1枚を求め、
新しい一歩を踏み出す勇気を持つために、
思い出を探しに出かけていく方々。

胸が張り裂けるような思いで、
その光景を見ていました。

ここ、センターに訪れる人たちのカウンセリングでは、
今まで、ほとんどの方々が、
過去の苦しい想い出を消し去りたくて、
親からの虐待からや、
DVからや、いじめの過去からなど、
そのつらいトラウマが
どうしたら解消されるのかというものです。

今、被災地の方々は、
過去の想い出のひとつひとつを探し求めている…

大きなこのギャップ、
本当に考えさせられた時でした。

だけれども、どちらも本当に
つらい作業には変わらないのです。
なんて、世の中は複雑で、
矛盾だらけなんでしょう。

苦しみやつらさは、
人それぞれ、別々であったとしても、
その人の立場になってみないと
分からないことだらけの思いが、
そこにはあります。

今、外国人の留学生、出張者、
そして外交官までが、
日本脱出をしはじめている中で、
日本人である私たちは、ひとつになって、
この国を、自分たちの手で
立て直すことを考えたいと思います。

戦争を知らない私たち世代が、
大戦の焼け野原から、今日まで来た日本の歴史は、
語り継がれてはいても、
実感できないことが多い中、
それでも、今、誰もが被災地を見て、
戦後の日本を想像することはできます。
立て直す力は、日本人にはあるのだとも信じられます。

悲しみや苦しみや、環境や考え方は、
人それぞれ違っても、
私たちの帰るべきところは、ここ日本であり、
捨てていくことはできないことは、
みんな同じです。

日々、報道される様々はニュースを見ながら、
考えさせられることが本当に多い1週間でした。

投稿者 椎名 あつ子 : 16:01 

2011年03月17日

事実

何を信じればいいのだろう?
そして、何が隠されているのだろう。

毎日、テレビや新聞で報道されるニュース。
原発の事故と影響について、
今後の地震の予報、
そして、被災地に対する今後の見通し、
これから、私たちは、
何をどこまで準備するべきなのか、
など、分からないことばかり。

ただ、分かっている真実は、
被災孤児を含む、
被災地の人たちの苦しみとつらさへの
体調面のケア、
そして、心理的ケア、
食事の確保の必要性。

そして、今でも原発の現場で
働いている人たちの健康面と食事の確保、
そして、その家族への思いやり。

今、この混乱期に私たちが考えるべきことは
たくさんあるという真実。

身近な人、近所の人と声をかけ合い、
励ましあう心、
また、少しでも被災地の人たち、
そして被災地の復旧のための節電、節水。

これは、何も隠されてはいなく、
事実なのです。

私たちは、今、何が起きているのか、
事実を、自分たちなりに考え、
行動していきたいと、
強く考えます。

人の意見に惑わされず、
自分で冷静に考えてみることが、
今、とても大切であると思っています。

今、私たちひとりひとりが、
どこまで考え、どこまで団結できるのか、
試されている気がしている今日この頃です。

投稿者 椎名 あつ子 : 19:02 

2011年03月14日

祈り

それは本当に、突然のことでした。

あたりまえの生活、
あたりまえの家族、
そして、あたりまえの時間が、
一瞬にして、大きな力によって、
壊されていきました。

被災されているたくさんの方々、
そして、悲しくも亡くなられた方々、
そして、そのご家族…

その苦しみ、
その悲しみ、
その恐怖、
絶望に近いこの状況の中、
今現在、偶然にも生きていられる私たちに、
何ができるのか?
何が必要なのか?

日本国民みんなが、
この時だからこそ助け合い、励ましあい、
お互いを思いやる心を
持ち合いたいと思います。

ここに通われているクライアントの皆様、
病気や悩みを抱えながらの
見通しのつかない不安な状況の中、
体調は大丈夫でしょうか。
ひとりひとりの方々に
連絡をしたい気持ちでいっぱいです。

ここ、センターでは、
通常通り開けております。
電話やメールもつながりにくい時も
あるとは思います。
なるべくお力に沿いたいと思っております。

世の中が、不安とあせりの
あわただしい日々ではありますが、
十分にお気をつけて、
冷静さを忘れずに
行動していただきたく思っております。

みなさまのご無事を
心よりお祈り申し上げます。

投稿者 椎名 あつ子 : 20:23 

2011年03月08日

何故?

世の中には、悲しいと思うことが
たくさんあります。
最近では、インターネットで
大学入試の不正をした
仙台の子のケースでした。

彼は、父親を失い、母子家庭でした。
様々な原因があるだろう中で、
結論や結果だけが報道されて、
それだけで、ほとんどの原因を
知らされない社会があります。

ある日、悪いことをしたからと、
子どもの頃から両親に殴られ、蹴られて、
生きてきた女の子が、
カウンセリングに来ました。

結論は、
「そのとき、悪いことをしたから」
なのです、
だから、処罰される。
悪いことをしたから、捕まる。叩かれる。

当然なことなのかもしれません。
何故なら、それは、
悪いことをしたのはその人だから、
その結果は、自分の責任として
受け入れるべきなのでしょう。

ただ、私は、それでは悲しいなと
思ってしまうのです。

事実と結論。
事実と処罰。

その前に、何故なのか?と考えたいと思うのです。

もちろん、悪いことは悪いことです。
ただ、少しでいいから、一度でいいから、
何故、この子はこんなことをしたんだろうと
考える大人が、増えてほしいと思ったのです。

そうしたら、もう少し人に優しい社会が
生まれるような気がしました。

これは、甘いのでしょうか。
確かに、甘すぎると言われてしまうのかもしれません。
だけど、私は、どんなに悪いことをした人に対しても、
まずは、
「どうしてなんだろう」
と、考えていきたい。
そう、強く思った日でした。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:07 

2011年03月03日

スタイル

女性も、時々、
スカートやヒールをはかないと、
いつも楽なパンツスタイルだったり、
ぺったんこの靴だったりすると、
どんどん、なぁなぁになってくる。

そんな話を、スタッフとしていた。

女性が、女という自分に、
なぁなぁになるということは、
もちろん、男性にもいえることだけれど、
羞恥心がなくなるということにも
つながるのかもしれないと、
思ったりした。

スカートやヒールをはくという、
少し緊張した状態に、
時々、身を置いてみると、
スカートやヒールは、
女性の特権であり、
本当は、大切にしなくてはいけない
スタイルのひとつだと
思えたりするのかもしれない。

女性でいようとするのには、
努力が必要なんでしょうね。
がんばります。

投稿者 椎名 あつ子 : 19:28 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

オススメ