2014年05月アーカイブ

2014年05月31日

大地

思い出したくもない

過去の出来事がある。

 

その事を思い出すと、

胸の奥深いところにある細胞が

ひとつひとつ押しつぶされるような

痛みを感じ、

息をすることができなくなる。

悲しみということばでは

表現できないような喪失感と共に、

時々、どこからともなく津波のような、

大きな怒りも一緒に押し寄せ、

私は、自分が違う生き物になって

しまったかのように思える。

 

そしてしばらくすると、

この世でいちばん醜い、

カフカの「変身」の虫のような物に

させられてしまったかのような

絶望がやってくる。

 

こういった感情は、

遠い過去であっても時々やってきて、

夢の中で叫び続ける自分を

もうひとりの自分が

上の方から見つめていたりする。

 

カウンセラーである私は、

人からは、どうも、そういった感情を

うまく乗り越えて解消して

生きているように思われているようだけれど、

カウンセラーもやはりひとりの人間で、

自己分析や、切り替え方や、

ストレスを減らすことについて、

方法を知ってはいるが、

どうしようもなく感じてしまう心は、

やはり、あるものだと思う。

 

神様は、平等に誰にでも、

心を与えているから。

 

それでも、そろそろこの苦しい感覚を、

せめて夢の中から追い出したいと

思うようになった。

私は、もしも脳の記憶の部分の量が

決まっているのであれば、

これからもっといい記憶を残したいので、

古い苦しく絶望に近い記憶は 捨ててしまいたい。

少なくても、

小さなあずきぐらいにしたいと思う。

 

そんなことを考えているとき、

ふと思いついたことがある。

 

「そうだ、土に返そう」

 

忘れようとか、消そうとか、

捨てようとしないで、

土の中に埋めるイメージを持とう。

あの時の悲しみや絶望や、怒りや、

それらを静かに

深く深く穴を掘って土の中に埋めてみよう。

それらの感情はいつかいい肥やしになり、

雨を受け入れ、太陽の光をたくさん浴びて、

しっとりと、でもさらさらの土となり、

いつか丈夫な芽を生み出すことだろう。

 

私は、過去のつらい感情に

「大地」という名前をつけることにした。

「大地」は、果てしない

自然のエネルギーを私に伝え、

この地にしっかりと足をつけて

生きていく意味を、

教えてくれることだろう。

 

私は大地の上にしっかりとまっすぐに

立って生きたいと心から願っている。

 

 

 

 

投稿者 椎名 あつ子 : 18:36 

2014年05月17日

自分を知る

大腸検査に行ってきた。

 

私は、2年に一度は、必ず行くようにしている。

何年か前に、生まれて初めて検査をしたときは、

感動的だった。

 

その前に、みんなに、

「いやだよー」とか「痛いよー」とか、

「苦しいよー」とかおどかされていて、

本当に憂うつだったけれど、

あの日、検査後、本当に嬉しかったのを 覚えている。

 

私は、変態に思われているし、

みんなは、そんな私が変とか おかしいとか言うけれど、

私は、このすっきり感がたまらない。

なんせ、たまりにたまった腸の中の 汚い物すべて流れ出され、

透明になるわけなのだ。

 

初めてしたときは、

40年以上のおびただしい汚れが

すべてなくなったと思ったら、

心が軽くなった。

 

だから検査の前に、 腸の中を掃除するために飲む、

ポカリスウェットみたいな水を、

私は、一緒に行ったスタッフが

飲めなくて 苦しそうにしているので、

1/3くらい助けてあげたり、

ドクターに「欲しいので買いたい」と 言ったぐらいなのだ。

あれさえあれば、いつでも腸の中を、

配水管掃除のパイプマンみたいに 洗えるわけだから。

もちろん、ドクターには断られたけれど。

 

そしてまた、変と言われるけれど、

私は胃カメラも嫌いじゃない。

確かにちょっと、オエっと苦しいけれど、

自分の胃の中を見れることが感動なのだ。

 

「あ、ちょっとポツポツ赤いかな」 とか分かれば、

自分の胃をいたわってあげられるし、

何といっても、自分を知ることは大切と思っている。

見えない自分の部分を知れることは、

私にとっては安心となる。

 

大袈裟に聞こえるかもしれないけれど、

これこそ「自分を知る」ことのひとつだと感じている。

 

心の中も、体の中も、 自分を知るには、

多少の苦痛はともなうけれど、

そのあとに、安心がやってくる。

みなさんも、「自分を知る」ことをお勧めします。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:43 

2014年05月03日

フランスそしてグレコ

私はフランスが大好きだ。
昔、海外に住んでいたこともあり、
その当時から、フランスにばかり
足を運んでいた。

シャンパン、ブルゴーニュのワイン、
春の生牡蠣、フォアグラのパテ、
クロワッサン、静かな石畳の街並、
パレロワイヤルの人生の扉を感じさせる
マロニエ並木、
おしゃれなパリのマダム、
そして何よりも、国を愛する人たちの
自由な生き方の中にある
個々の哲学的な思想…

今日、こんなにもパリを感じずには
いられなかったのには、理由がある。
車で実家に帰る途中、
ラジオからフランスのシャンソン歌手、
ジュリエット・グレコの歌声が
流れてきたからだった。

彼女は今年、87歳になるという。
何年か前、80歳は過ぎていたと思うが、
日本でのコンサートに行ったことがある。
シンプルな黒のドレスをまとい、
ひとり舞台に立ち、
凛とした姿で歌い続けていた。

ラジオから流れる87歳の彼女の声は、
また一段と低く、そして重みが出ていた。

フランスの女性は、年を追うごとに
堂々と美しくなってるかのように
いつも思う。
人に媚びることなく、
自分自身をいつもきちんと持っている、
そんな印象を受ける。

フランス人は冷たいと、よくいう人がいるが、
彼らは、フランスを愛している人たちには、
いつも優しい。
つたないフランス語で一生懸命話すと、
いつもやさしく対応してくれる人たちでもある。

ジュリエット・グレコに
また会いたいと思う。
今年、日本に来るらしいけれど、
彼女は一体、何を私たちに教えてくれるのだろうか。

それにしても、夕暮れ時の
ラジオから聞こえた歌声は、
私を優しい気持ちにさせてくれた。
素敵な時間だった。

投稿者 椎名 あつ子 : 20:17 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

カレンダー

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

オススメ