2015年01月アーカイブ

2015年01月27日

過去の私と今の私

ある女性に

「先生のブログを読み返してみました。」

と言われた。

 

彼女は奥深い気品を持っていて、

笑顔がとてもかわいい人だと

いつも思う。

その彼女に忘れていた私の過去を

読まれたことを知り

正直、とても恥ずかしくなった。

 

たしか、もう10年ぐらい前からの

ブログだと思う。

一度も過去の自分のブログを

よみかえしたことはなかったし、

今も読みたいとは思っていない。

 

でも目の前にそのことを

知っている人がいることは

(ホームページに載せているので

当たり前なんだけど)

恐怖に近い気分だった。

 

どんなことを書いていたんだっけ…?

彼女は言った。

「本当に先生はエネルギッシュを

みんなに与えていたのですね。

今の先生はホッとして大好きだけど

あの頃の先生にも会いたい」と。

 

10年前の私は、当たり前だけど若かったし、

根拠がないのに自信もあったし、

人生をとにかく楽しんでいた気がする。

 

でも、仕事の不安をいつも

人には見せないけど抱えていて

それを打ち消すために

何かをひたすら追いかけて、

いつもアンテナを張って、情報を収集して

必死だったような気がする。

 

三浦の家にも週末は毎週のように通い、

海が大好きで、カヤックに乗ったり、

よくシュノーケルをして

仲間とアウトドアを楽しんで過ごした。

 

よくパーティーもしたし、

人が集まることも、一人でいることも

大好きだった。

夏になると日焼けも、しみも気にせず

いつも黒かった。

 

仕事も本当に大変で、

夜中の電話も取っていたし

毎日がいつもフルオーバーだった。

「情熱」と言う言葉がすべてだった

時代があった。

 

今の私は、子育てが完全に終わり

娘たちは独立をし、

彼女たちと対等となり

私は娘たちから、

いいか、悪いか別にして

一人の女性として見られるようになった。

解放の自由とそして孤独を

考えるようになった。

 

あの10年前の少しでも若く見えたいとか

かっこよくいたいとか、

とことん頑張るために闘うとか、ではなく

今は、過去の失敗や、悲しみや絶望や、

はしゃぎや、喜びなどの

さまざまなおびただしい時間を

一つ一つ大切な経験として

私の心の中の引き出しに

きちんと整理して並べている

最中のような気がする。

 

時に出したくなったら見ればいいし、

見たくないならしまっておけばいい。

それが今の私の自由の選択と

なっていると思う。

 

「ありのまま」とよく言うけれど、

やっと、人の目を気にせず

評価を気にせず、年齢を気にせず、

過去を気にせず、

今の私のありのままを受け入れられて、

カウンセラーと言う仕事と、

カウンセラーでいられる自分を

本当に、幸せだと思えるようになった。

 

それはエネルギッシュとは違って

穏やかな安定と、継続する意味と

そして受け止めるという意味。

それはあきらめでも、

許すことだけでもなく、

とにかく、すべてすべて受け入れて

受け止める。

ゆっくりと、やさしく、

そして凛として。

 

今は、それが私の目標かな。

 

笑顔のかわいい人に

教えてもらった日だった。

 

投稿者 椎名 あつ子 : 13:24 

2015年01月13日

The Pink

今年、2015年になって
何日間かが過ぎました。

今年の抱負は何ですかと
いろんな仕事関係の人に、
何度も聞かれて、
ちゃんとは答えられずにいました。

年が変わっても、私は私だし。
そんなに、何日間かで、
あっという間にあらたな何かを
掲げられないし――、
と思っていました。

そんな中、懐かしい人からの
あたたかい言葉の年賀状、
娘たちからのかわいいメッセージ。
1月1日の朝からの雪のあとの
美しいバニラスカイの
美しいピンクの空。
お正月のピンク色のかまぼこ。
そして、年始に飲んだ
私の大好きなシャンパン
モエのrose、
仕事始まりの日の
スタッフたちのすてきな笑顔。
私の好きなバラの香水、
ここ事務所のピーチピンクの壁。

私が、どんなにかピンクが好きなのか
あらためて知りました。

だから今年は、Pink。
これが私の抱負。

人に対しても、仕事も
プライベートも、
Pinkに、生きてみたい。

可愛いし、素敵だし、
やさしい色でしょ。

私は今年は、心身共に
ピンク色になりたい。
これが私の今年の抱負。

決まりました。
見つかりました。
どうでしょう?か。

いい年になりそうです。
Pinkでよろしく。

投稿者 椎名 あつ子 : 17:52 

2015年01月06日

明けましておめでとうございます

2015年。
これからの一年、
何が待っているのか。
今年はここ
横浜心理ケアセンターも
16年目を迎えます。

新しい年が始まったからといって
前と変わらないものがあります。
それは、誠実さや
やさしさや思いやり、
そして信じる道を
つらぬく意識、
それは大切に大切に
守り続けていきたいと
思います。

何を新たに
目指していくのか、
何が必要なのか、
考えて、考えて、
まだはっきりとした
何かは見つかっていません。

ただ、少しずつこのセンターの
月日の歴史ができていく中で
今までとは違った形の
責任のある仕事が
増えてきています。

カウンセリングルームへ
足を運んで下さっている
方々の悩みも、
数年前とは
変わってきました。

このカウンセリングルームをはじめた頃、
私は欧米のような、
敷居のない、偏見のない
どんなことでも、相談できる
環境と認知を
目指していました。
それが今、そうなりつつあります。

精神的な病気による
カウンセリングだけでなく、
様々な問題について
自分で解決する前に、
まずプロの意見も聞いてみるといった
人たちが増えています。

やっとやっと、ここまで
たどり着いたのだと
そんな感じを持てるように
なりました。

2015年、どんな一年が
又、新たに始まるのか…
不安と期待で
ドキドキしています。

ただ、私をはじめ、
スタッフ一同、
団結をしつつ、
今までのクライアント様
そして新しい方々へ、
ここでしかない
思いやりとおもてなしの心を大切にしつつ、
様々な問題解決のお手伝いをさせて
いただきたいと思っています。

今年も宜しくお願い致します。

 

投稿者 椎名 あつ子 : 12:02 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

オススメ