2015年02月アーカイブ

2015年02月13日

ある年上の女性と話していて
あらためて自分のライフワークについて
考えてみた。

・やっていて時間を忘れて集中できること。
・お金が入らないでも、払ってでもやりたいこと。
・人に惑わされないこと。
・楽しい、ということが根底にあること。
・自分が輝ける時間であるということ。
・そのために何かを捨てる覚悟があること…

これが私の理想のライフワークかな、と
掲げてみました。

次に会ったとき、その女性は、
あっという間にライフワークと言う考えを
スッパリ切り捨ててました。

私は、少し取り残された感じを持ちました。

つまり、ライフワークと言う
固定観念を捨てられた理由、
それは「恋」でした。

恋に勝る物は、本当に何もないのです。
自分の考え方まで変えられる
なんとも魔法の力、すてきな力。

又、彼女に会いたいです。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:12 

2015年02月04日

運命

今日最後のカウンセリングは、
まさにPINK色の気分だった。

最近、ここ1~2年は夫婦のカウンセリングが
75パーセント以上を占めている。
DV、モラルハラスメント、不倫、離婚
といったドロドロと、
お互いが傷ついて塊のようになった
関係性をどうにか修復へと導くための
カウンセリング時間。

時に二人は、罵倒し合い、殴り合い、憎しみ合い、
苦しみ、傷つき、途方に暮れた悲しみの中で
やはり離婚への調停へと進む二人。

又、あきらめながらも受け入れ、許すことを、
脅えながらも、もう一度やり直してみようと
歩き出す二人。

本当にそこには、大きな計り知れないドラマがある。

今日の最後は1年間カウンセリングに
通い続けた二人。

価値観や性格や考え方の違いを、
違いとして受け止められなくて、
相手を変える前に自分が変わるための
トレーニングをして、
「食事を和やかに二人で取れるようになった」
と話して下さった。

まだまだお互いの関係性には
お互いそれぞれの課題が残っているけれど
私自身、彼らの表情を見ていて
今年の抱負に掲げたPINK色の気分に
どっぷりと浸ることができた。

私自身、二人のカウンセリングを
させていただいて、
私が、こんな気分になる時間を
与えていただけて
本当にありがたいと感謝した。

そしてご主人がやさしいまなざしで
つぶやいた言葉、
「やはり、家族はいいです。」
これは最上の隣りに座っている妻への
プレゼントだったように思えた。

ここに来るまでのおびただしい戦いの日々を
乗り越える力がこの二人にはあり、
それは、やはり運命なのかな、とも
考えさせられた。

離婚と言う決断が決して悪いのではなく、
ただこの二人には、一緒にいる意味が
残されていたのだと感じた。

別れるから不幸とか、
修復できたから幸せとかの
簡単に言えることではなくて、
ただ、本当に、この二人は
別れないという運命が
あったのかもしれないと教えられた。

私の仕事は、二人のこれからの
その運命に気づいていただくための
サポート係なのだと思う。

別れる運命、そして、別れない運命。
それは、本当に魂で感じて
きちんと、本音で闘ってはじめて
見えてくる形なのかもしれない。

私も自分の感情や価値観や不安や…、
そんな様々な自分の気持ちを
きちんと知って
私のこれからの運命を
正直に受け入れるために
生きてみたいと思った。

すてきなお二人へ。
今日はありがとうございました。

投稿者 椎名 あつ子 : 17:24 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

オススメ