2015年04月アーカイブ

2015年04月14日

桜の最期の日

「神は乗り越えられない試練は与えない」
ずっと何かつらい時があると言い聞かせていました。

だから、人には乗り越えられる日が
必ずくると思っていました。
高校生の時、
プロテスタントの教会で日曜学校に通っていました。

神様について、祈りについて、
愛について、試練について、
聖書を読んで勉強する会でした。

その教会の聖歌隊にも参加して
祈りの中で歌を唄う喜びを感じていました。
今週末、
目白にあるカテドラル教会での演奏を聴きに行きました。

東京少年少女合唱隊による讃美歌でした。

知り合いの方がこの演奏会に出ることを突然知り
行きたいと思いました。

もう一度、神にささげる曲を心から感じ
そして、心から神がいることを信じたくて、でした。
天井の高い、大きすぎる神秘的で幻想的な教会の中で
パイプオルガンと彼らの美しすぎる純粋な声が響き渡る空気には
全身に震えと鳥肌が立つ思いでした。
魂の声でした。

神はそこにいました。

私は安息日のような穏やかな気持ちをしっかりと感じました。
「生きていること
生かされていること

それがすべてでいい」
そんな声を聴けた気がしました。
私にとって大切な日でした。
そして全身が雪のように冷たくなっていく
桜が最期の雨の降る日曜日でもありました。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:04 

2015年04月07日

私は
女は女でいないと女ではないと思う女です。

美しいとか若くてきれいは
確実にムリだけど

女という生き物であることを覚悟して
いとおしく感じている。

恥じらいを持って
可愛げがあって
凛として

そうありたいです。

泣いても
ボロボロになっても
自信がなくても
弱音を吐いても
だめでもいいから
女であることを覚えていたい!

そんなことを思った今日は
社会人一年生の娘のお誕生日でした。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:42 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

カレンダー

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

オススメ