2016年02月アーカイブ

2016年02月23日

ファンタジー

 

行きつけのお店で、
ギターで、愛の讃歌が、流れた。
かれはいつも、素敵なギターを弾いて聴かせてくれる。
だから、この店は、週末に行きたくなる。
静かなギターの愛の讃歌。
この曲はどうして、こんなに悲しくて、切ないんだろう。
エディットピアフも、ジュリエットグレコの歌もやはり、愛の讃歌は
静かに、深い。
愛の讃歌の歌詞は、
本当に情熱的で、
美しくて、
信じられないほどにロマンティックで、
こんなに人を愛すことが、人はできるのかと思う。
なのに、悲しいのは何故なんだろうと、ふと感じたりした。
そして、思い出した。
この歌は、エディットピアフが、最愛の恋人を突然事故で、失ったあとに歌った曲であることを。
過去の人への想いであり、
幻の愛だからなんだよね。
幻は人の幻想だし、
理想だし、現実ではないということ。
それでも、現実が、すべてなわけではなくて、
ただ、今ある、目の前の現実を感じてる気持ちも、
幻想も、2つとも、
その人の心が、勝手に感じてる感覚で、
どちらも、その人のファンタジーなんだよな。
現実の問題への悩みも、人から見たら幻想かもしれないから。
思い込みかもと思われてるかもしれないということ。

過去も現実も
私の中のファンタジーだ。

そんなことを、赤ワイン飲みながら
考えて、
とても、楽しくなった。
ファンタジーって
なんか、いい言葉。
そう、思った。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:35 

2016年02月12日

ある時、娘に言いました。

好きな人ができても、
あまり夢中にならないでね。
バレンタインに手作りチョコが欲しいと言われても、
少しステキなチョコを買って、
忙しくて作れなかったのと、
メッセージカードを添えるぐらいにしてね。
そうすると、その人は少し不満気になるけれど、
メッセージカードを大切にするから、

好きな人ができても、
全ての自分の時間を、
その人のためだけにあげないでね。
暇でも、なんとなく忙しいふりをしてみてね。
そうしたら会えた時が嬉しいから。

私自身が昔々、若い頃に、
ある人に尽くしすぎて、愛しすぎて、
最初は幸せだったのに、
自分だけが心をあげてしまったようで、
そのうち後悔と怒りが出てしまったから・・・。

だから、そんなことを娘に言ってしまいました。
娘には、もっと、
純粋な、無条件な愛を
教えてあげたかったはずなのに。
歳をとると、保守的で、
防御があらわになってしまう。
痛感した、最近でした。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:52 

2016年02月04日

始まりの日

昨日は節分でした。
「福は内 鬼は外」と大声を出して、
炒り大豆をまいて、邪気除けの行事を
私も、毎年のことですが、昨日もして、少しすっきりした気分となりました。
 
旧暦で言えば、今日が元日となり、
今日から新しい年が始まりました。
旧暦で言う所の昨年は、
「人の死について、つまり生きるとは何か」を
何度も考えさせられた深い一年でした。
 
私の仕事は、毎日、日々、
その人の生き方や状態や環境などの悩みに対して、
手助けができる範囲でアドバイスをしたり、
その人の話をひたすら聴きながら、分析をしたりするものですが、
昨年一年は死と闘っている人たちにたくさん出会う時があり、
死と向き合った時に、
今まで生きてきた時間に何をしてきたかではなく、
また、これから生きていく中で何をするかではなく、
自分はどうしたいのかでもなく、
今、どうあるかであるということ。
そんなことをいろんな場面で教えられました。
 
大病を患ったり、大きな困難に直面したりすると、
今までの人生を後悔したり、
これから先の寿命について死の恐怖で悩んだりします。
命より大切なものがあるとしたら、それは何なのか。
今年一年は、こういった分野の勉強もしつつ、
そういったことで心が折れてしまいそうな人たちへの
心に響く言葉について考えて、学ぶ年としたいと思っています。
本当に大切なものの本質は、
実はとても近くにあるものだと感じている旧暦の元日となりました。

投稿者 椎名 あつ子 : 16:23 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

オススメ