2009年09月アーカイブ

2009年09月22日

導かれた日

その日は朝から、
東京に映画を観に行くことに
決めていた。

久しぶりに車を銀座まで走らせ、
着いたのは、ちょうどお昼過ぎだった。
夕方の時間からの映画には、
まだ時間もあり、
軽めのランチを、
懐かしい「ライオン」で済ませ、
ウィンドショッピングをしていたとき、
電話が鳴った。

本当にめずらしい人からだった。
その人は、
今、品川だからすぐに行くと言って、
あっという間に銀座にやってきた。
これからどうする?と聞かれ、
何故か、映画に行くとは言えず、
別に…と答えた。

そのとき突然、
銀河観音を描いている女性画家が、
たしか個展を
銀座でやっていることを思い出し、
その人を誘って、
出かけることとなった。

個展は、銀座の「エルメス」のそばの
一等地で開かれていて、
何とも言えないスピリチュアルな世界が
そこにはあった。
彼女の絵からかもし出される
優しいオーラに、
きている人は、くぎ付けとなっていた。

もうとっくに、映画の始まる時間は過ぎていて、
本当に何の予定もなくなり、
今度は、その人に、
ギリシャ人によるギリシャ哲学の
レクチャーがあるけれど、
行ってみる?とたずねた。

おととい、ギリシャのアーティストと
バーで出会い、
彼がこの日のために年に一回日本に来て、
仕事とはまったく別で、
無料でレクチャーをすることを聞いていた。
彼の絵に少し感動を覚えていた私は、
行けたら行こうぐらいの
気持ちではいたので、
私のこの日の予定の中では
未定になっていた。

品川から電話をしてきたその人は、
御茶ノ水博士みたいな髪の毛を
大きく揺さぶりながら、
「はい、行きましょう」
と、答えてきた。
本当に大丈夫かな?
誘ったけれど、どんな内容か分からないし、
この人、本当に興味あるのかと、
半信半疑でいた。

そのレクチャーは、夜7時から2時間で、
もうすでに、たくさんの人が座っていた。
おととい出会ったギリシャ人は、
信じられないほど上手な日本語で、
ギリシャ哲学を話していた。
宗教とも違うし、
私の仕事に近い精神分析の世界を
話していた。

レクチャーが終わって、
これまた、スピリチュアルな世界の中で、
サイコセラピストでもある彼の話は、
正直、勉強になったと思えた。
私の、治療を目的とするカウンセリングと、
サイコロジーの世界は似ていて、
自分の中に、今までにない感覚が、
注入されたような気持ちになった。
人のレクチャーを聞くことは、
たしかに、良い刺激となっていた。

レクチャーが終わり、その会場で、
ギリシャ人ともその人とも別れた。

その日、一日を思い起こせば、
とにかく、何かに導かれていたような、
自分の意図としないところで、
スピリチュアル的な世界へと
勝手に動かされているような気がして、
不思議な日だった。

「偶然はこの世にはなく、
すべて必然である」

ギリシャ人の言葉が
ぐるぐると頭の中をかけめぐり、
忘れられない日となった。

御茶ノ水博士からの電話も、
銀河観音も、
この日のレクチャーも、
映画を観ようとしていたにも関わらず、
すべて、最初から決められていたことのように
感じずにはいられなかった。
もう夏は終わったというのに、
少し涼しくなるような感覚になった。

人は時に、意図しないところで、
何かに導かれることが
あるのかもしれない。
悪い予感は何もなく、
とても新鮮な導かれ方だと思った。

私は、生まれて初めてかもしれない、
何か大きな力で守られている気がした。
おもしろい体験だった。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:59 

2009年09月14日

美しさとは

一冊の本を読み終えた。
最近、本をじっくり読むことを
していなかった私は、
この本を、あっという間に
読み終えた。

彼の本が、いつもそうであるように、
この本もまた、重い内容で、
難しい問題をたくさん秘めた、
考えさせられる作品だった。
正直、読んでいて、
何度もやめたくなる時があり、
読み終えた後も、
苦しい感覚が残った。

人は必ず、いつか死ぬということ。
殺人であっても、
事故であっても、
自殺であっても、
病気であっても、
いつか必ず、人は死んでいく。

たくさんのメッセージが、
この本の中にはあるのだろうけれど、
ひとりの母親が、
がんで亡くなるまで、
在宅ホスピスを望み、
家族にどこまで迷惑をかけず、
自分の尊厳死を守り通せるか、
最期の時まで、
意識のはっきりした命の形、
ひとつひとつを細かく描写しており、
自分の死を考えずには
いられなかった。

人は必ず死ぬと、当たり前のこととして
理解しているけれど、
与えられた命を全うして
最期のその時まで
生き抜いていく力強さを尊敬しつつ、
自分にできるのか、
苦しく、恐れを感じながら、
最後のページを迎えた。

作者の混乱と苦しみも、
本の中には伝わってきていて、
あとがきの言葉には、
この本ができるまでの8年間の
長い月日の葛藤が残されていた。

みんな、生きるということの答を
見出すのには、
苦しみが伴うんだ。
そうとも思えた。

ただ、本の中で、母親の最期の日、
新しい命の誕生があり、
それはまさに、救いだった。
この作者は、きちんと私たちに
最後には救いを残してくれていた。

素晴らしい作者だと、
改めて彼の本を、
再び読み始めたくなった。

切ないから秋が美しいように、
切なさがあるから
人の命もまた、美しいのかもしれない。

白いゆりと青いりんどうの花束に、
ひっそりと秋を思わせる
すすきの存在を見ながら、
感じた日だった。

投稿者 椎名 あつ子 : 16:57 

2009年09月07日

ナチュラルに

プチベジタリアンになることを決めて、
3週間が経つ。
完全なベジタリアンは無理なので、
野菜、くだもの、豆類、海草を中心に、
時々、卵やお魚、お肉をプラスする。
大好きな赤ワインも、
量をぐーっと減らしている。

はじめは、物足りなかったことが、
少しずつ、とにかく、
体が内から喜んでいる感覚を
知れるようになった。

ボディシャンプーも、
天然のオリーブオイル入りの
石けんに変えた。
ボディーコロンも、
ハーブウォーターに変えてみた。

ナチュラルでいることが
夢でありながらも、
疲労感を理由に、
すべて面倒くさいと決め付けてきた。
つまり、自分の体のことなど、
二の次、三の次にしすぎてきた。
頑固な私は、人に言われても、
他人事のように流してきた。

ダイエットとか、シェイプアップと
いうことではなく、
もう少し、体に対して、
ナチュラルになろうと、
私なりに、やっと、
ほんの少し考えた。

私の回りの人は、きっと、
「いつまで続くかしら」
と、思っていると思う。
そして、正直、
私もあまり自信はない。
だけど、せめて、
来年の私のお誕生日までは、
続けたいと思っている。

ナチュラルに生きることに慣れたら、
私の中の何かが変われる…
そんな気がしている。
でもはっきり言って、近いうちに、
大好きなしゃぶしゃぶが
夢に出てきそうとも、予想している。

そんな葛藤の中、
プチベジタリアン21日目の日。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:37 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

カレンダー

2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

オススメ