2022年05月10日

デートDV〈子どもの性暴力について〉

最近読んだ朝日新聞の記事を参考に
子どもの性暴力について書かせていただきます。

《2016年に認定NPO法人が行った全国調査によると、
交際経験のある中学生、高校生、大学生1329人のうち
39%が被害に遭ったことがあると答えた》とあります。

デートDVとは性暴力、身体的暴力、行動の制限、
精神的暴力、デート代を払わないなどの経済的暴力などのことで、
《10代のカップルの3組に1組でデートDVが起きている》
と言われているそうです。

ここ横浜心理ケアセンターでも
思春期の女の子の性暴力や性の悩みについて
相談に来る人達が増えつつあります。
ここに相談にくる未成年の子ども達は、
まず母親に連れてきてもらう事がほとんどですが、
カウンセリングは母親とは別で、私と2人で行いますが、
母親には心配させたくないという思いや
恥ずかしいからだったり、怒られるから、
父親に言われたら嫌だから…などの理由から
母親に本音で話せていないことが数多くあります。

第三者のカウンセラーだから
話せることもあるのだと感じています。

その中で
彼女達の性暴力についての苦しみ、
後悔、恐怖などの心の叫びがあります。

「最初は好きだと言ってくれて、私もそのときは好きだったから」
「つらい時、優しい言葉をかけてくれたから」
「『好きだからいいだろ!?』と言われて断れなかったから」
「断ったら嫌われてしまうと思って、別れるのはつらかったから」
「避妊してくれるって言ったのに無理矢理出された」
「断ることが怖くて嫌だと言えなかった」
「膣外に出すから大丈夫だよと言われた」
「断れなかった自分が悪いと思うし、後悔してもしきれない」
「自分がバカだったと思う」
「あんな男にされてしまった私の体は汚れてしまっていて、自分が醜いと思う」
「突然の事で何が起きていたのか分らなくて、ただひたすら怖いし、悲しい」
「生きていることが苦しい」
「男の人が怖くてしかたがない」
「相手を訴えたいけど、その後何をされるか怖いからできない」

《様々な性暴力の被害者の言葉があるのが事実ですが
日本では学習指導要領で人の受精に至る過程や
妊娠の経過は取り扱わないと定められています。》

また、海外と比べると
性教育が不十分である事を問題視されていますが
ここに来る女の子達もまた
母親でさえも避妊器具についてや
排卵日について、アフターピルの存在など
知らないことが多いのです。

私たち大人は子どもを
加害者にも被害者にもさせないためには
性的な問題についてタブー視せずに
小さい時から、体の大切な部分(プライベートパーツ)の
ルールや同意についての意味、中絶のリスク、中絶の権利、予防など
丁寧に話し合うことができる親子の関係性が
何よりも大切である気が致します。

また、大人であっても
もう一度、
性について
子どものためにも学ぶ必要がある気が致します。

ただ、現実的に性的な話を
子どもと話し合うことが難しいと思われる場合は
第三者のカウンセラーからの説明が
助けになる場合も数多くあります。

一度、子ども達の性暴力の現実から目を背けずに
知っていただけたらと思っております。

よろしくお願い致します。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:44 

2022年04月27日

貴女に心から伝えたいことばです

「無理しなくていいから、
もうそんなにがんばらなくていいのよ」

最近母になったばかりのその人は
誕生したばかりの小さな命の重さと優しさに触れながらも
夜中に何度も泣き声で起こされて
まだあまり出ない母乳に一喜一憂し
これから先の育児に不安を抱えていました。

そのお母さんは
妊娠中は妊娠糖尿病にかかって
通院や食事制限があったり、
臨月に入ってコロナにかかってしまったり
また、逆子がなかなか治らず
出産は帝王切開になったりと
様々なアクシデントを乗り超えてきた
話をしてくださいました。

「赤ちゃんが生れることは本当に、
ただ当たり前のことではなく
感謝でしかありません。
だから大変だけど母乳をあげる時の
時間が何よりも私の癒やしでもあります。」

母になることは命をつなぐことでもあります。
それは尊い時間でもありますが
時に、恐ろしく過酷な時間であったりもします。

だから、真心を込めて
伝えたい気持ちになりました。

「小さな尊い命をありがとう」

投稿者 椎名 あつ子 : 11:20 

2022年04月20日

春の終わりに

4月は人との出会いや環境の変化など
新しい出来事が多くある月でもありますが
別れの多い季節でもあります。

恋の終わりはとてもツライものです。

あれだけ大切に思っていて
心が通じ合っていた恋人たちの
別れの理由は何なのでしょうか?

1.価値観の違い 

育った環境の違いによるものであったり
金銭感覚の違いによるものであったり
転職などで仕事が変わったことで
お互いの価値観が変わってしまったり
また、将来の目的が時と共に変わり
それを受け止められなくなったりと様々です。

2.浮気された!他に好きな人ができた
 
浮気が分かった時点で気持ちが冷めてしまい
そのため違う魅力を持つ人を意識するようになって
そんな時、他に好きになる人ができてしまった。

3.結婚観の違いが見えてきた 

自分は早く結婚して子どもを欲しいと願っていたが
相手とはセックスレスが続いてしまっていた人。
そもそも結婚の意味がよく分からないので結婚に希望を持てない人。

4. 冷めた、嫌いな面が多くなった 

一緒に居ることがストレスになり、日々感じる嫌なところに
気持ちを抑えることができなくなる。
どんどん嫌いになる自分も嫌いになってしまう。

など様々な理由があると思います。

最近はコロナ禍もあり
恋人と会えない時間が多くなったことで
別れに至った人達も増えています。

そんな中で
昔、恋人との別れを決断しながらも
苦しんで泣いていたある人を思い出しました。

その人は、
相手からたくさんの傷つく言葉を言われ
そしてたくさんの傷つく行動をされてきたのに
その人に怒りや恨みを抱かず
静かに別れを伝えたのでした。

その人は別れを伝えてからも
自分を責め続け、罪悪感を持ち続けていました。

「何故そんなに傷つく生き方を選ぶの?」
と不思議に思って聞いたことを思い出しました。

その人は言いました。
「傷ついている自分に落ち着いている時があるんです。」

その言葉を思い出したのは
散った桜の花びらが
本当に優しくて美しかったから。

傷つけることよりも
傷つけられることを選んだあの人は
今、どうしているのかしら…

そんな春の終わりの日でした。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:06 

2022年04月12日

男脳と女脳の違い

夫婦カウンセリングの中で
夫婦の意見が衝突した時や
別々に話しを聴いた時などに、
考え方や物事の捉え方、言い分のあまりの違いに
呆然とすることがよくあります。

そんな時に
「やはり男脳と女脳の違いからくるものかな」
と思うのです。

男性と女性のどちらかが優れている
劣っているということではなく、
ただひたすら異性であるということ
とにかく違うということを感じずにはいられません。

それは、
人類の祖先が狩猟採集生活を
していた時代のことで

男性達は、獲物を追うために
方向感覚や獲物の行動の予測をしたり
道具を作る能力も身につけてきました。

また一方
女性達は、子どもを育てながら
果物や木の実を見つけて採る能力や
話せない乳児の表情や態度からその子の状況を
細かく見極める能力がつけられてきました。

つまり、
何百万年もの歴史の中で
男性と女性の脳は違う方向へと進化してきていて
それはまさに、それぞれの役割の違いでもあり
そのために考え方、理解の仕方、優先順位、
行動、信念、情報の処理の方法までも
違っていると言えるそうなのです。

だから、
男性と女性のコミュニケーションは
つくづく難しいのです。

・アドバイスではなく
 ただ話を聞いて欲しい女性と、
 結論の出ない話を続ける意味が分らない男性。

・相手を理論で打ち負かせて白黒つけたい男性と、
 感情的な興奮が言葉の反応を早くさせ
 人との比較に走ってしまいがちな女性。

・短時間で合理的に解釈したがる会話方法しかできない男性と
 群れの中でおしゃべりしながら問題を解決したい女性。

・言葉じりや物事の結果や結論に意識が集中し、そこにこだわる男性と
 次から次へと状況や、起きた問題について表情を変えながら、
 たくさんの言葉を使って果てしなく訴える女性。

書き始めるとキリがない
男女の違いなのですが、
そもそもそれぞれの脳の違いや
役割の違いがあったから
私たち人間は今日まで
進化してきたともいえるのです。

男女がお互い
いい関係を作っていくためには
お互いの脳の違いを理解し
存在を認めていくことが大事で
それぞれ自分に無い相手の特性を
嫌いにならず、批判せず、見下さず、否定せず
尊重できたらいいですよね。

もちろん
なかなかできないから悩むんですけれど……ね。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:49 

2022年03月29日

愛を知っている人は孤独という空間を大切にできる人

この世界には様々な空間があります。

生きて行くこと、
それは空間から空間へ
時間と共に動いていく
過程でもあるように思います。

夫婦間、親子間、仕事間、
上下間、友人間、男女間、人間間…

それらの様々な空間には
必ず何かしらの関係が生まれます。

夫婦関係、親子関係、仕事関係、
上下関係、友人関係、男女関係、人間関係…
というようにです。

私という個と
それ以外のすべての対人とには
大きな「間」があります。

決して一緒にはなれない空間が
必ずそこにはあります。

私という個人と
その対人との関係が
どんなに深く、信頼し合っていたとしても
認め合っていると思っていても
わかり合えていると思っていても
それは部分的な共感であったり理解であって、
同じには決してなれない空間であり
それが対人関係の孤独の意味でもあります。

人にはその人なりの個性があります。

そして、自分にも自分なりの個性があります。

その個性と個性は
ぴったり重なり合うことはないのだということ…。

そして、
それが世界でたった1つの人格であり
それが個々であるという意味なのだと
最近考えたりしています。

そしてそれを理解することが
愛なのかもしれないと思います。

本当の愛を知っている人は
孤独という空間を大切にできる人
なのかもしれません。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:46 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

2000年から横浜市中区で開設しているカウンセリングルームです。
多種医療・弁護士などとの協力体制のもと、心理カウンセリングを行っています。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

オススメ