2019年02月07日

夫婦カウンセリングと離婚カウンセリングについて

暦の上では春になり、
旧正月も過ぎ、
本来では新しい年が始まりました。

私自身、
元旦も大切な日ですが、
節分の日も新しい気持ちになります。

カウンセリングでも
たくさんの方が過去をリセットして
新しい気持ちでスタートするために
様々な相談で足を運ばれています。

そんな中でも、
夫婦のご相談の場合、
「最後の手段」として
カウンセリングに来る方が多い気がしています。
理由としては、
夫婦の問題は他人ではわからない、
夫婦の問題は夫婦で解決するべきだ、
夫婦のプライベートを他人に話すのは恥ずかしいし
プライドがあって来れなかった、
など
来られてから話してくれる方々が
よくいらっしゃいます。

私は、夫婦の修復であっても、
離婚の相談であっても、
カウンセリングは「最後の手段」では
ないのですとお伝えしたいのです。

夫婦間の相談の内容を
まず書かせていただきます。
・夫婦間のコミュニケーションがうまくいかない
・お互いの価値観がずれている
・相手の行動が気になってイライラする
・会話がない
・家事やお金の使い方など
 やり方が違いすぎる
・セックスレス、
またはセックスの価値観が合わない
・子育て中の教育方針がかみ合わない
・お互い、思いやりが持てなくなった
・会話をしてもマイナスでとられてしまい
 話すことが恐くなる
・暴力や暴言で苦しんでいる
・離婚したくても経済的にできない
・不倫問題、浮気で悩んでいる
など、たくさんの問題があります。

こういったことが
出始めた時が大切で、
つまりカウンセリングは
「最後の手段」ではないのです。
カウンセラーは
裁判官ではないので、
どちらが正しい、悪いと判断することもなければ、
どちらかの味方になって話すことも
また、片方だけの話を聞いて
決めつけて話すことも
ありません。

お二人がより良い方向に行くための
サポート、アドバイスをさせていただくために
カウンセリングはあります。
ですので、
より、客観的に、中立に、話を聞き、
その方たちに合った形のアドバイスを
させていただいております。

そんな中で、時に、
アドバイスは、その人にとって
耳が痛く
厳しい言葉と感じたり、
無理なことのように思えるときも
あるとは思います。
友だちであれば、
一応味方をして聞いてくれるかもしれませんが、
その人の何年後かの将来まで考えて
話をしてくれているわけではありません。

カウンセラーは、
今は難しいことであっても、
将来、変われるかもしれない方向や、やり方を、
その人の性格や考え方の傾向を
分析しながら
その人に寄り添いながら
提示する仕事でもあります。

例えば、
家事が苦手な人にいきなり家事をしなさいとか、
話すことが得意でない人に
とにかく何かを話しなさいと
伝えるわけではなく、
苦手なこと、できないことを
少しずつでもできるようにするための
方法を探していきます。

1人で悩んでいても
なかなか進まず、解決できないことを、
カウンセラーがこじれた糸を
ほどきながら
導いていきます。

こちらに
夫婦の相談でくる方たちは、
離婚しかないのかと思いながらも
心の中では、
できれば修復して、
楽しい時間を共有できるようになりたいと
思っていらっしゃいます。
その気持ちがあるうちは、
修復は難しいことではありません。
人生は、いつからでも
やり直しはできると思っています。

また、「最後の手段」として
離婚を決意しているけれど、
それでも不安や今後の生活など
わからないことがあるという方には、
離婚カウンセリングという形もあります。
その時は、協力体制の弁護士を交えての
カウンセリングをすることもできます。

心理的に悩んでいても、
法律上の問題となると
法律のプロである弁護士の
サポートや助言が必要になります。

ここ5年くらいで、
カウンセリングに対して
偏見のない時代と
なりつつあります。

しかし、もっと欧米のように、
ここ日本でも
悩んだらホームドクターかホームロイヤーか
ホームカウンセラーに
まず話してみるというスタイルの
時代になっていくことを
願っています。

そのためにも、
身近で話しやすい場所として
なっていけるように、
スタッフ共々、努力していきます。

よろしくお願い致します。

☆夫婦のカウンセリングについてはこちらです。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:50 

2019年01月17日

生きづらさを抱えている人へ

長年、カウンセラーとして仕事をしている中で、
今回は、夫婦のカウンセリングや、
対人関係で悩んでいる人の考え方のリストを
私なりに考えて出してみました。

1.自分の気分で相手を振り回してしまう
2.集団が苦手で、いつもその時疲れを感じる
3.環境の変化や変更にパニックになってしまう
4.疲れやすく、1人でゆっくりしたいと思うわりに、1人では何もできないし、何をしたらいいか悩んでしまう
5.人の輪に上手に入っていくことができない
6.相手にすぐに依存したりしてしまう
7.職場で周りの目が気になる
8.相手でも自分に対してでも小さなミスにも激しく動揺する
9.一度に2つ以上のことができない
10.仕事に時間がかかる
11.仕事を頼まれると断ることが恐くてできない
12.怒っている人やトラブルを見ると、自分に起きたことのように感じる
13.人との雑談や表面的な会話であっても、何を話せばいいのかわからない
14.人から指摘されると、自分が全否定されたような気になる
15.自己肯定感が低い
16.体調がすぐれないことが多い
17.ちょっとしたことで落ち込みやすい、怒りやすいとよく言われる
18.自分の望む通りにならないとイライラする
19.時間にいつもギリギリ、もしくは遅れてしまう
20.自分で決めるよりかは相手に決めてもらいたいと思うが、自分のやり方を通してしまう
21.結果を出そうと頑張りすぎてしまう
22.人から評価されたい気持ちが強い
23.コンプレックスが強い
24.優先順位がわからずいつもたくさんのことを抱えている
25.幸せな気持ちでいることが少ない
26.不安がないと不安で、いつも何か問題を探してしまう

この内容は、誰にでも1~4個ぐらいは
あてはまることがあるとは思いますが、
数多くあてはまる場合は、
その方自身が
とても苦しく、悩みが多く、
生きづらい人生を抱えているように
思われます。

このような場合、
物事のとらえ方を変えてみたり、
自分自身にもっと深く向き合っていくことで、
変化していけることが多く
あるように思われます。

このリストに
数多くあてはまるから
だめだということではなく、
このリストを見て、
まず、自分をもっと生きやすい方向に
変えていくための物として
とらえていただきたいと思います。

カウンセリングでは、
薬ではどうにもならない点について
ゆっくりとカウンセラーが一緒に
向き合っていく時間でもあります。

今年は、自分と向き合う年にしてみませんか。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:16 

2019年01月08日

今年始めのご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
たくさんの方からの
あたたかいお年賀状をいただきまして、
ありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

本年は、本日より
いつも通りの開始となります。

今年は、世界情勢も国内も、
様々な変化が訪れる年となります。
それに伴って、
私たちの生活や環境も
多少なりに変化する時も
あると思っております。
2019年が
みなさまにとって
平穏でありますことを
願っております。

ここ横浜心理ケアセンターは
来年20才を迎えるための
大切な1年となります。
人々の価値観や考え方、
悩みの問題が変化していく中で
過去の経験や実績だけにとらわれず、
現代の人たちの変化しつつある
現実的な価値観や考え方に
合ったカウンセリングを
行っていきたいと思っております。

最近の夫婦の在り方の問題、
子育ての仕方、子どもの成長の問題、
仕事とその人の働き方の問題、
人との関わり方、
人生観、幸せの意味、
たくさんの日々の問題の中で、
「ふつう」と感じていた
過去の考え方や意味が
今は変化してきています。

私たちの日々の生活の中の
「ふつう」は、
その人、その人の
心の中に芽生え始めています。
そんな中で、
一人一人が
自分と闘いながらも
孤独を感じて
生きています。

そういった環境の流れの中だからこそ、
幅広い問題解決のための知識と
より良い方向へのアドバイスを
提供させていただけるように
日々、様々なことにアンテナを張って、
勉強し続けるために
努力していきたいと思っております。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:19 

2018年12月27日

今年の終わりに

今年も、残りわずかとなりました。

1年を振り返ってみて、
私にとっては
“挑戦する”年でした。
自分の可能性を信じて
ただひたすら、
ひたむきにやってみました。
結果、落ち込んだこともあれば、
新しい自分に出逢えたこともあれば、
今でも、継続していることもあります。
悲しみもたくさんありました。
喜びもたくさんありました。
あきらめたこともありました。
忘れたい想いもありました。

それでも、今、
様々なことを振り返ると
この仕事が生きがいである
という事実に
再び感謝したくなります。

来年は、
ここ横浜心理ケアセンターも
19歳を迎えます。
やっと少しずつ成長して大人になり、
もっともっと新しく
羽ばたいていけるように
毎日、これからも
挑戦し続けていきたいと
思っています。

19年の月日の中で、
たくさんの変化があります。
訪れる方々の悩みの内容も
変化しました。
ここ数年は、
夫婦や子どもの問題や
人間関係の悩みで
いらっしゃる方が多くなり、
薬ではどうにもならない
奥深い心の問題が
ほとんど主流となってきました。

AIの時代が来ようとしている中でも、
人間の心の在り方には
決まった形はありません。
人と人が結びつき、
つながりを持ち続けていく過程での
葛藤や不安や恐れや心配などは
目に見えないからこそ、
大きな意味があります。
その心という
形のない存在を
ここ横浜心理ケアセンターでは、
心を形があるものとしてとらえて
大切に守っていくための
お手伝いをしていきたいと
思っております。

今年も、たくさんの人たちに
支えられてきました。
ありがとうございましたと
心からお伝えしたいと思います。

そして来年も、
私たちは心の専門家として、
勉強をし続けて、
よりよい方向を見つけていきたいと
思っております。

どうぞ、よろしくお願い致します。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:43 

2018年12月06日

静かな日

彼女は
遠く高い天上へ
導かれていきました。

人が人であるゆえに
病気には勝てず
死を受け入れてから
1年3ヶ月という時間で
彼女は
天使になって
ゆきました。

この事実を
誰にも言わず
そっとそっと
静かに
ゆきました。

数ヶ月してから
そのことを知り、
愕然とした私は
なんておろかなのでしょう。

日々の生活の中で
不安になったり
心配したり
怒ったり
笑ったり
当たり前に過ごしていたあの時、
貴女は
さよならの準備を
一人でしていたのですね。

彼女は青のイメージの人でした。
今日、白と青の花束を
貴女に捧げます。

今日はとても静かな日。
まるで、貴女のようです。
何もできなかった私が
今になって
貴女にできること・・・
手を合わせて
初めて会った日のことを思いだして
祈ります。

ありがとう。本当に。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:59 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

2000年から横浜市中区で開設しているカウンセリングルームです。
多種医療・弁護士などとの協力体制のもと、心理カウンセリングを行っています。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

オススメ