2019年04月16日

子どもの心と身体の変化について ~起立性調節障害とは~

新学期になりました。

子どもたちにとっては、
クラスの担任が変わったり
仲のいい友達と離れてしまって
新しい友達ができるか不安だったり、
学年も変わり
部活動と勉強の両立ができるのか
心配だったりと、
様々な環境の変化にとまどう時期でもあります。

こういった時期の不安や心配や
また、安定しない季節の変わり目などにより
不調を訴えるお子さんも
増えてくる時期でもあります。
こういった一時的な
誰にでも起こる変化の影響の場合は、
時が経って落ち着くこともあります。

ただこういった環境の変化の影響が
一つの原因となり、
朝起きられない症状が長引く場合が
あります。

その一つの病気に
起立性調節障害というものがあります。
だるさやめまい、頭痛、腹痛などの
症状が重なり、
朝が起きられなくなります。
起立性調節障害は、
自律神経系が不安定となり、
循環器系の調節がうまくいかなくなる疾患
でもあります。
血圧が低下したり、
心拍数が上がりドキドキしたり、
クラクラして立ち上がれなくなったりもします。
そのため、学校に行くことも不安になり、
不登校になりやすい場合もあります。
この疾患に関しては、
小学校高学年~中学生に多く見られ、
ここにもそういったお子さんを持つ親御さんが
相談に来るケースは
たくさんございます。

親としては、心配しながらも
学校に行くべきと考えやすく、
朝起きれないのは
早く寝ないでぐずぐずして
ゲームばかりしているからで、
学校に行くことがめんどくさくて
さぼりたいからだと
思いたくもなります。

また、今まで、楽しんで行っていた
塾や習い事も行かなくなり、
人とも会いたがらず
なまけ病になっているだけだとも
本人についつい責めたくなりがちです。

しかし、本人が頑張っていないからではなく、
がんばれない病気の場合も多いのが
事実でもあります。
こういった状態は、
精神的、環境的要因とも
関係があります。
普段、親からも、
しつけや成績のことなどで
厳しく育てられ、
本人も真面目で責任感や正義感が強かったり、
失敗することをとても怖がったり
気にしたりする性格の場合、
ストレスを溜めこんでしまいがちとなり、
自律神経の調節がうまくいかなくなっている
場合もあります。

小学校高学年~中学生ぐらいの時期は、
第二次性徴期にも近づく時で、
身体も心も大人になっていくための
準備の時でもあり、
様々なことが起きうる時でもあります。

もし、今、お子さんが少しでも
前と違った変化で苦しんでいたり、
心配していたりした場合は、
親の考えで抑えつけたり
怒ったりせず、
まず病院やカウンセリングなど
専門の場所に連れていってみてあげて
いただきたいと思っております。
もし、お子さんが家から出られない場合は、
まずは親御さんだけでもよろしいですので、
相談してみたらいかがでしょうか。

子どもの人生は
まだまだ先があります。
今のこの状況は
必ず落ち着く時が来ますので、
ゆったりした気持ちで見守りながら、
早めの対応をしてあげていただきたいと
思っております。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:09 

2019年04月11日

感情のコントロールができなくなった女性たちへ~働く女性として~

先日、夫婦間の女性の悩みについての
インタビューを受けましたが、
( hapimamaの記事はこちら )
ここ横浜心理ケアセンターにも、
妻であり母であり
仕事を持つ女性である方たちが、
たくさん相談にいらっしゃっています。

とくに、30代の女性たちは、
まだお子さんたちも小さく
ご主人の仕事も忙しく
自分の仕事も
これからのステップアップを要求されており、
つらい状況があります。
産休や育休をとり、
これから、また仕事に復帰する女性も
数多くいらっしゃいます。

保育園が見つかり、
復職する時期が決まり、
時短で働く人も
時短が認められていない人もいます。

そんな中で、
子どもが保育園に慣れてくれるのか?
病気になった時の
預ける場所はどうしたらいいのか?
会社復帰したばかりで
自分は家事、育児、仕事の両立を
どこまでできるのか?
子どもの事で休みがちになった時、
会社内の人たちの視線を気にしながら、
どう職場の人と接していけばいいのか・・・
たくさんの心配と不安を
抱えていらっしゃいます。

また、夫も家事は少しは
手伝ってはくれているけれど、
夫の家事能力の低さに不満を持ち、
自分がほとんどやるしかなく、
毎日イライラしてしまって、
自己嫌悪になっている女性も
たくさんいます。

毎日の生活に追われ、
自分の時間すらない中で、
心の余裕どころか
夫や子どもに対しても
いつも怒ってばかりになってしまっている
女性たちもいます。

本当は優しくありたいのに
本当はおだやかで笑顔でいたいのに
本当は夫とも仲良くしたいし
オシャレもしたいし
友だちともゆっくり話したいのに
それが何一つかなわず、
気付くと
自分は大声をはりあげ、泣き叫び、
自分の感情のコントロールがきかなくなり、
おそろしい状況が繰り返されている。

ふと、鏡に映っている自分の表情を見て、
呆然とする女性たちもたくさんいます。

そういった人たちへの
カウンセリングは、
その人1人の問題ではないので
非常に難しい場合があるのも
事実です。

その人の夫への不満や不安や怒りを聴くだけでは、
夫婦の関係は解決はしていきません。

もちろん、ただ今のつらさを聴いてほしいだけでも
カウンセリングは有効ではありますが、
今のこの状況を改善していくためには
ご主人に丁寧に、理解してもらえるように
第三者が伝えていくことが
大切であると思っています。

夫婦だけで話すと、
お互いの言い分を言い合うだけになったり
過去のおびただしい問題を
またお互いが持ち出し、
責め合うだけの時間となったり、
解決しないまま、
口論の時間は果てしなく続き、
お互いが疲れ切ってしまい、
ついには別居や離婚へと
発展していってしまうケースも
よくあります。

今のこのつらい状況を
冷静に客観的に見られる
第三者であるから
相手に伝えられることも多いのです。

つまり、夫婦カウンセリングは、
片方の味方だけは致しません。
そのために、今つらい方の人にしてみれば、
理解してもらえない
味方ではなく責められたと
思う場合もあるかもしれませんし、
時に、その人にとっては
耳が痛いアドバイスもあると思います。

でもカウンセリングの目的が、
ご自身の本来の
優しくておだやかで明るく積極性があるなどの
いい部分の自分を取り戻すためでもあり
夫婦改善のためでもあるのであれば、
まず、相手からの理解を得るために
どういった会話が必要なのか
自分の言動は相手にとってどう見えているのか
自分はどう変わればいいのかを
一緒に考えていく場所として、
とらえていただきたいと思います。

もちろん、ご主人に対しても、
妻からの要望や気持ちはしっかりとお伝えしていきます。
変っていただきたい点も
ご主人に詳しく説明致します。

そうやって少しずつ
固まっていたお互いの心が
氷が溶けるように
溶けていき、
落ち着いていかれたご夫婦は
本当にたくさんいらっしゃいます。

一度、第三者を交えた夫婦カウンセリングを
考えてみませんか。
よろしくお願い致します。

夫婦のカウンセリングについてはこちらです。

投稿者 椎名 あつ子 : 14:08 

2019年03月14日

父、そして私と三日月の夜

 

最近つくづく感じることがあります。

50代も半ばを過ぎ、
年齢を重ねて、
子どもたちも自立して
私から飛び立っていく中、
果たして、私の人生は
今までこれでよかったのかと
振り返り考える時が
増えました。

どんな名声や地位があってもなくても、
どんなにお金があってもなくても、
人は平等に老いていくし
死んでいきます。
本当に平等に。

その日は、美しく細長い三日月の夜でした。
そして、父の85才のお誕生日でもありました。
子どもたちも集まり、
私は手作りの料理を持って
実家に行きました。
アップルパイにろうそくを立て、
明かりを消して
炎が父を照らし、
父がろうそくの炎を
一気に吹き消そうとした時、
その時、
父の一滴の涙が光って見えました。

「あと、何回、
この日を迎えられるのだろう。」
そう思いながら、
すべての人に平等の死は、
父にも当然訪れる日が
来るのだと思いながら、
父のささやかで美しい涙を
見つめていました。

昔、父を許せない時代がありました。
父を恨んだ時代も、ありました。
でも今、父は、
間違いなく、
私に愛されています。

そして私は心から
父を大切に思っています。

心の中の私の様々な葛藤が過ぎ去って、
父は、人として
私にとっては、
最大で、唯一の父であると
思えるようになっています。

私もいつか、
父と同じ年代になってるとして、
そのとき、この一滴の涙を
ささやかで美しい涙を
流せる人間でありたいと思っています。

そんなことを感じさせてくれた
三日月の夜でした。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:08 

2019年02月07日

夫婦カウンセリングと離婚カウンセリングについて

暦の上では春になり、
旧正月も過ぎ、
本来では新しい年が始まりました。

私自身、
元旦も大切な日ですが、
節分の日も新しい気持ちになります。

カウンセリングでも
たくさんの方が過去をリセットして
新しい気持ちでスタートするために
様々な相談で足を運ばれています。

そんな中でも、
夫婦のご相談の場合、
「最後の手段」として
カウンセリングに来る方が多い気がしています。
理由としては、
夫婦の問題は他人ではわからない、
夫婦の問題は夫婦で解決するべきだ、
夫婦のプライベートを他人に話すのは恥ずかしいし
プライドがあって来れなかった、
など
来られてから話してくれる方々が
よくいらっしゃいます。

私は、夫婦の修復であっても、
離婚の相談であっても、
カウンセリングは「最後の手段」では
ないのですとお伝えしたいのです。

夫婦間の相談の内容を
まず書かせていただきます。
・夫婦間のコミュニケーションがうまくいかない
・お互いの価値観がずれている
・相手の行動が気になってイライラする
・会話がない
・家事やお金の使い方など
 やり方が違いすぎる
・セックスレス、
またはセックスの価値観が合わない
・子育て中の教育方針がかみ合わない
・お互い、思いやりが持てなくなった
・会話をしてもマイナスでとられてしまい
 話すことが恐くなる
・暴力や暴言で苦しんでいる
・離婚したくても経済的にできない
・不倫問題、浮気で悩んでいる
など、たくさんの問題があります。

こういったことが
出始めた時が大切で、
つまりカウンセリングは
「最後の手段」ではないのです。
カウンセラーは
裁判官ではないので、
どちらが正しい、悪いと判断することもなければ、
どちらかの味方になって話すことも
また、片方だけの話を聞いて
決めつけて話すことも
ありません。

お二人がより良い方向に行くための
サポート、アドバイスをさせていただくために
カウンセリングはあります。
ですので、
より、客観的に、中立に、話を聞き、
その方たちに合った形のアドバイスを
させていただいております。

そんな中で、時に、
アドバイスは、その人にとって
耳が痛く
厳しい言葉と感じたり、
無理なことのように思えるときも
あるとは思います。
友だちであれば、
一応味方をして聞いてくれるかもしれませんが、
その人の何年後かの将来まで考えて
話をしてくれているわけではありません。

カウンセラーは、
今は難しいことであっても、
将来、変われるかもしれない方向や、やり方を、
その人の性格や考え方の傾向を
分析しながら
その人に寄り添いながら
提示する仕事でもあります。

例えば、
家事が苦手な人にいきなり家事をしなさいとか、
話すことが得意でない人に
とにかく何かを話しなさいと
伝えるわけではなく、
苦手なこと、できないことを
少しずつでもできるようにするための
方法を探していきます。

1人で悩んでいても
なかなか進まず、解決できないことを、
カウンセラーがこじれた糸を
ほどきながら
導いていきます。

こちらに
夫婦の相談でくる方たちは、
離婚しかないのかと思いながらも
心の中では、
できれば修復して、
楽しい時間を共有できるようになりたいと
思っていらっしゃいます。
その気持ちがあるうちは、
修復は難しいことではありません。
人生は、いつからでも
やり直しはできると思っています。

また、「最後の手段」として
離婚を決意しているけれど、
それでも不安や今後の生活など
わからないことがあるという方には、
離婚カウンセリングという形もあります。
その時は、協力体制の弁護士を交えての
カウンセリングをすることもできます。

心理的に悩んでいても、
法律上の問題となると
法律のプロである弁護士の
サポートや助言が必要になります。

ここ5年くらいで、
カウンセリングに対して
偏見のない時代と
なりつつあります。

しかし、もっと欧米のように、
ここ日本でも
悩んだらホームドクターかホームロイヤーか
ホームカウンセラーに
まず話してみるというスタイルの
時代になっていくことを
願っています。

そのためにも、
身近で話しやすい場所として
なっていけるように、
スタッフ共々、努力していきます。

よろしくお願い致します。

☆夫婦のカウンセリングについてはこちらです。

投稿者 椎名 あつ子 : 12:50 

2019年01月17日

生きづらさを抱えている人へ

長年、カウンセラーとして仕事をしている中で、
今回は、夫婦のカウンセリングや、
対人関係で悩んでいる人の考え方のリストを
私なりに考えて出してみました。

1.自分の気分で相手を振り回してしまう
2.集団が苦手で、いつもその時疲れを感じる
3.環境の変化や変更にパニックになってしまう
4.疲れやすく、1人でゆっくりしたいと思うわりに、1人では何もできないし、何をしたらいいか悩んでしまう
5.人の輪に上手に入っていくことができない
6.相手にすぐに依存したりしてしまう
7.職場で周りの目が気になる
8.相手でも自分に対してでも小さなミスにも激しく動揺する
9.一度に2つ以上のことができない
10.仕事に時間がかかる
11.仕事を頼まれると断ることが恐くてできない
12.怒っている人やトラブルを見ると、自分に起きたことのように感じる
13.人との雑談や表面的な会話であっても、何を話せばいいのかわからない
14.人から指摘されると、自分が全否定されたような気になる
15.自己肯定感が低い
16.体調がすぐれないことが多い
17.ちょっとしたことで落ち込みやすい、怒りやすいとよく言われる
18.自分の望む通りにならないとイライラする
19.時間にいつもギリギリ、もしくは遅れてしまう
20.自分で決めるよりかは相手に決めてもらいたいと思うが、自分のやり方を通してしまう
21.結果を出そうと頑張りすぎてしまう
22.人から評価されたい気持ちが強い
23.コンプレックスが強い
24.優先順位がわからずいつもたくさんのことを抱えている
25.幸せな気持ちでいることが少ない
26.不安がないと不安で、いつも何か問題を探してしまう

この内容は、誰にでも1~4個ぐらいは
あてはまることがあるとは思いますが、
数多くあてはまる場合は、
その方自身が
とても苦しく、悩みが多く、
生きづらい人生を抱えているように
思われます。

このような場合、
物事のとらえ方を変えてみたり、
自分自身にもっと深く向き合っていくことで、
変化していけることが多く
あるように思われます。

このリストに
数多くあてはまるから
だめだということではなく、
このリストを見て、
まず、自分をもっと生きやすい方向に
変えていくための物として
とらえていただきたいと思います。

カウンセリングでは、
薬ではどうにもならない点について
ゆっくりとカウンセラーが一緒に
向き合っていく時間でもあります。

今年は、自分と向き合う年にしてみませんか。

投稿者 椎名 あつ子 : 15:16 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

2000年から横浜市中区で開設しているカウンセリングルームです。
多種医療・弁護士などとの協力体制のもと、心理カウンセリングを行っています。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

オススメ