2017年06月27日

子どもの叫び

いくつかの
子どものカウンセリングでのこと。

「これからも責められるなら、
 生きていても仕方がないよ」
「死んでも、誰も悲しまないよ」
「いつも言いなりにさせられていることは
 疲れたよ」
「お父さんもお母さんも
 僕(私)がいなくなった方が楽だよ」
etc…

これらは、たくさんの子どもたちの
心からのことば。

子どもには子どもの言い分、
そして傷ついていても、
行き場所のない状態が
数多くあります。

自分の子どもは大丈夫と思う前に、
ご両親の方々、
もう一度、お子さんの心の中を見つめて、
本心を感じてみませんか。

子どもたちは小さくても
カウンセリングで、一人になると
きちんと話をしてくれています。

他人にだからこそ
言える空間が
あるということを
知っていただきたいと
思っております。

☆お子さんのカウンセリングについてはこちらをご覧ください。

投稿者 椎名 あつ子 : 13:35

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

月別アーカイブ

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

オススメ