2010年01月アーカイブ

2010年01月27日

バニラスカイ

昔見た映画を、突然見たくなった。
トム・クルーズのバニラスカイ。
モネの絵の中の、あの空の色、
ピンクや薄いむらさき、
クリームや薄いオレンジが
重なり合った色。
私が、三浦の家のベランダから、
時々見れる、あの空の色。

映画の内容は、やはり難しく、
見終わったあとも
もやもやとした感覚が残った。
何度見ても
よく分からない映画のひとつだ。

今の現実は夢の世界なのか、
夢は現実の世界なのか、
それとも悪夢をみているのか、
幸せは何なのか、
そんなテーマの中で、
何故か空だけが美しい。

仕事の合間にコトコトと煮た
ビーフシチューの味は、
最高だった。
ただ、その後の現実は、
悲しい時間だった。
これは、現実ではなく、
悪夢だったと思えば
いいことなのかもしれない。

現実の中には、
夢のような時間と、悪夢が、
いつも折り重なっている。
だけど、いい夢を見れる日も、
必ずくる。

そんなことを、
この映画はいっているのかなと
勝手に思ってみたりした。

今日は、バニラスカイに
羽ばたく夢を見よう。
大きな翼を広げて
飛んでみよう。

私は、超理想現実主義者なんだ。
きっと。
理想や夢をこわす現実が
とにかく恐いし、
許せない人間なのかもしれない。

理想ばかりでは、
私は、自分をだましている気がしてしまう。
だからつまり、
ビーフシチューは
完璧でないといけない。
だけどそれは、私の思い込みなんだと
思うことにした。

思い込みは、自分を苦しめる。
それが分かっていても、
ビーフシチューを作らずにいられない。
そんなに待たなくていいのに、
お肉がおはしで切れるまで、
煮込まずにはいられない。

待つことをやめて、
ビーフシチューを外食できるようにならないと、
私は変われない気がしている。

やはり、訳が分からなくなっているのは、
バニラスカイのせいかもしれない。
そう思うことにした。
夢のような、悪夢のような日だった。

投稿者 椎名 あつ子 : 21:20 

2010年01月20日

恋愛

女性は、好きな人ができたり、
また大切な人がいたりすると、
必ず聞きたくなる言葉があるようだ。

ねぇ、私のこと、ほんとうに好き?
ねぇ、私のいったいどこが好き?
ねぇ、私といて、ほんとうに幸せ?
ねぇ、誰よりも私が好き?

なんて幼くくだらない感情に、
女性はいつになってもしばられ、
そしてそのために、
不安になったり、
疑ったり、
怒ったりしていることか。

でも、この感情は、
女として生まれたときから
インプットされてしまっていて、
どうすることもできない気もしている。

恋愛や結婚の相談に来る人も、
根底は、この感情に苦しんでいて、
左右されている気がする。

男性は、この感情を、
また始まった
と、聞き流す。
もちろん、聞き流したくなる気持ちも
分からなくもない。
でも、私も女性なので、
この感情に気付いて、
受け止めてくれる男性が、
本当に少ない気もしている。

ただ最近、少しあせったのは、
この女特有の感情と思っていたことが、
若い多くの男性にも
インプットされてきているようで…

時代は、本当に変化している。

これからの男女が、
お互い、この感情を持っているとしたら、
どんな社会になっていくんだろう。
恐い気もするし、
興味もあるし、
少しわくわくもする。

やはりどの時代も、恋愛は真剣だ。

そんなことを感じた、
最近の出来事だった。

投稿者 椎名 あつ子 : 19:10 

2010年01月13日

歩き出す

取り残された感じ。
寂しいのに涙は出ない。
こんな気持ちは、久しぶりだ。

明日、大好きだったお店が
幕を降ろす。
今日は、明日の
ファイナルパーティのための準備に、
みんなが忙しくしている。

慌しいのに、
なんとなく静かだ。
空気が乾いているようで
湿っていた。

私の人生の中で、
よく通った店のひとつだった。
素敵な音楽と、
ユニークなたくさんの友達に、
ここでは出会った。
私にとって、
ロマンティックな気分に
浸る場所だった。

雑然とした広い空間と、
個性あふれる人々から、
「何でもOK」といった
バランス感覚を学んだ。

ここで働いていた人たちも、
そして、ここでしか会わない人たちも、
さまざまなそれぞれの空間へと
歩き出す。

私は、ファイナルには行かないことを決めて、
前の日に、あえて訪れた。
終わりとか別れが
とにかく嫌いな私は、
忙しすぎて慌しい方が
似合っていると思った。

私もまた、歩き出す。
だって、新しい年は
始まったばかりだもの。

投稿者 椎名 あつ子 : 20:55 

2010年01月04日

寅年

新年明けましておめでとうございます。

寅年ということで、
トラはどうやって走り出すのか、
どうやって歩き出すのか、
トラはどうやって
大草原の中で休むのか、
トラはどういったときに、
本当に命を賭けるのか…
元旦からずっと考えていました。

今年1年は、
トラにならってみようと思っています。

私は、寅年ですから。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿者 椎名 あつ子 : 18:28 

プロフィール

横浜心理ケアセンター

『横浜心理ケアセンター』

横浜市中区に開設している女性のための心のカウンセリングルームです。
このブログでは、センターの代表である私が、一人の人間として、一人の女性として、またカウンセラーとして、日々の生活の中で感じた様々な出来事などをエッセイ風にみなさんにお伝えしていきたいと思います。

カレンダー

2010年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

オススメ